FC2ブログ

cobakoba日記

2007年、サンデーアングラーへ転身した釣りバカのフライフィシング日記。 

9月の釣り

なぜかブログにログインできなくなって暫くが経つ。

もうブログも引退かな  と思っていたのだが、ここにきて これまた何故か時々ログインできる時も出てきた。


ログイン出来る内に9月の釣りをまとめておこう。




2_2020100311552689b.jpg



2020年9月5日~6日


4_20201005083803e78.jpg

釣行前日に目当ての川の周辺で大雨が降り、予定してもいなかった渓へ入った。


そこは想像通りに渇水していて大きなサイズのヤマメの姿すら見ることは出来なかった。




5_20201005083804dc3.jpg

これは退渓点近くで出たイワナかな。



1_20201003115525ae3.jpg

渇水で大きなヤマメに出会う事は出来なかったけれど、

それでもポイント毎にヤマメと対峙する事が出来 結構楽しめた。


釣れれば綺麗なヤマメばかり。





翌日曜日。


6_2020100508380626a.jpg

この日は目的の川へ。


期待した程のサイズも数も出はしなかったけれども、一晩で泥濁りの流れから回復し


釣りを楽しめただけでも感謝しないといけない。




10_20201005083807fc2.jpg

ボクのマックスサイズは2匹の9寸アップだった。

数は期待値が高かったもので少なく感じたが、他の川から比べたら十分だろう。



退渓時、沢を登りつめると 大きな熊と出会ったのも良い思い出の一つ。






2020年9月12日(土)



1_20201003115555308.jpg

この日は会津の渓へ向かった。



良型のヤマメを狙っての釣行だったが・・・・




2_2020100311555686d.jpg

釣れたのはイワナばかりが10匹程だった。




3_202010031155581c1.jpg

この日はトリさんと同行。



何故かトリさんはこの日は苦戦していた。


そんな日もあるよね。







4_20201003115559300.jpg


唯一釣れたヤマメはこんな可愛いサイズだった。



なかなか渋い釣りとなった・・・けど


5_20201003115601f7c.jpg


なんか この渓は好きなんだよねぇ。


来シーズンにはまた良い時期に来てみよう。







2020年9月22日(火)



1_2020100311563597e.jpg

連休最終日には地元の川を歩いてみた。


連休最後ということもあり、相当スレてるだろうな と思い、

かなり丁寧に釣り上がったのだけれども、釣れてくれたのはこのサイズのヤマメが2匹のみ。



終盤には久々に沈してしまい全身ずぶ濡れ・・・・。


回復後に気を取り直し釣りを続けようとしたところ上流からルアーマンが下ってきてジ・エンド。


渓流で釣り下ってこなくともなぁ・・・。






2020年9月27日(日)


1_20201005073934961.jpg

今シーズンラストの釣りは会津地方へ向かった。



雨後で増水の中を釣り上がってはみたが反応は悪かった。





2_20201005073935d4d.jpg


このヤマメが今シーズン最後の一匹となった。


3_20201005073937982.jpg


最後、難しいのを承知でこのフラットポイントに入ってみたが・・・・


良型イワナとヤマメが走る走る(笑)

まったく釣りにならずに終わった。





また来年ですな。





スポンサーサイト



テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/10/06(火) 22:26:22|
  2. 2020年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

8月の記録

前回のアップ後も近場の川へ数回出掛けましたが、数はそこそこ出たものの大きいのには出会えず。。。


そこで、とりあえずの8月に入って長梅雨から一気に猛暑に突入したお盆前からの記録。



2020年8月9日(日)

例年なら絶対に釣りには行かない日。

息子の誕生日なのだ。



1_20200902150007611.jpg


日曜日に重なった誕生日に塾の予定が入った為、後日改めてお祝いしようということになり

ボクは近所の川へ出掛けた。

サイズこそないが、デップリした良いヤマメが何匹か出てくれた。

チビッ子さんが他に多数。











2020年8月29日(土) 

お盆も過ぎてアブの心配もなくなった頃にイワナ釣りに出掛けた。


2_20200902150008710.jpg


この日一番のイワナ。

巻のポイントの最終点に定位しているのを見つけて釣ったヤツ。






4_20200902150011cd3.jpg

久々にトリさんと二人で渓に入った。





3_20200902150010f28.jpg



結構歩いて 心地良い疲れが残る釣行。


神経質なイワナも多かったけれど、数もそこそこ出てくれて 次回は良い時期に入りたいなと思った。





シーズンも残り一か月となり 急に陽が短くなったような・・・。







にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/09/02(水) 12:54:24|
  2. 2020年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅雨空の合間に


西日本各地では大災害をもたらす程の雨を降らせ続ける今年の梅雨。


福島県内ではそこまでの災害が起きないまでも、梅雨空が続く毎日。

なかなか青空を見る事がない。



00_20200722143616a65.jpg

そんな中でも何とかタイミングを計ってウロウロしていました。




2020年7月11日(土)

高速道路を一区間だけ飛ばして高地の渓へ。


春に一度訪れた際には生命反応ゼロだったが・・・。





2_20200722143618dcb.jpg

何とか このサイズのヤマメが何度か反応してくれて、その内 2匹のみキャッチ。

渓魚が残っていてくれただけでも本当に嬉しかった。

ここのヤマメは綺麗で力強い。


良型もどこかには残っていてくれる事を切に願うばかりだ。



その渓から地元いわきの川へ下るように車を走らせながら、釣りが出来そうな区間を見つけてはフライを流してみた。

しかし、さっぱり反応はなかった。


二度程 良型のヤマメの反応があったが、そのどちらもが明らかに疑いながらフライに出ていた。



3_2020072214362089a.jpg

最期に向かった区間では、真新しい足跡があったがフライへの反応は悪くはなかった。


まともなサイズのヤマメはフッキングしてはくれなかったが、竿抜けと思われるスポットからは

写真のサイズ位の小さいイワナが2匹釣れてくれた。



この日、朝から ず~~~っとサカナを探し歩いたので釣果とは半比例して 疲労感がハンパなかった。



翌、7月12日の日曜は朝起きて何処へ行こうかと考えていたら・・・


会津へ向かっていた。



ブルーベリー狩りに。。。。




ちなみに毎年ブルーベリー狩りには行っているのだけれども、今年のブルーベリーは味がイマイチだった。

日照時間が短い事が原因だろうと思う。

こんな所にも長梅雨の影響が出ているようだ。


(これは所謂 ネガティブキャンペーン??)



 
2020年7月18日(土)


今度は一人で会津へ向かった(笑)


早朝から車を走らせ着いた川は濁流と化していた・・・・。

前日の夕方までは水位を追っていて、良い感じに推移していったので かなり良い条件で川に入れるかと期待したのだけれども

その後、夜半まで大分降ったのだろう。。。




そこから その日に家族と合流予定のホテル付近も川まで移動。


かなりのタイムロス。






4_202007221436214e0.jpg

林道をテクテク歩き 人が入っていなそうな区間に適当に入ってみた。




5_20200722143623f62.jpg

やはりちょっと水が多いが濁りがほぼ入っていないので何とかなるだろうと釣り開始。


区間的にイワナオンリーだったもので心配はしていたが、やはり反応は最悪だった。






7_202007221436267c3.jpg

午後に入り 少し水も落ちてきたような感じ。


今にも雨が降り出しそうな空からも時折日差しが差し込むようになった。


相変わらずここの川も綺麗だ。





6_20200722143624c63.jpg


なんとかこの日も 写真サイズのイワナを2匹キャッチ。


短い晴れ間の出来事だったが、反応したのもこれだけだったような・・・。




この日もcoba家と義姉家族と合流し、またワインを楽しみ、夜中までビリヤードやダーツを楽しんだ。








明けて 7月19日(日) 


1_20200722143617814.jpg

快晴。



タイムロスしつつ川に辿り着いた昨日とほぼ変わらない時間に川へ入る。


昨日は人が多く、どうしようか悩んだが IKEさんにLINEすると なかなか前向きな返信を頂き、

それを一縷の望みとして車を走らせてきた。


すると どうしたことか 車が一台もない。。。


これは上流部がチャンスかとも一瞬考えはしたが、外した時のダメージを考えて

もしタフな釣りになったとしてもボク的には耐えられるヤマメ狙いに絞った。





8_202007221436275fb.jpg


チャンスは一瞬だったのかもしれない。



強い流れの筋が3つ並んだポイント。



その3本の筋から 一匹ずつ反応し キャッチが3匹。


泣き尺 と 9寸×2 


これはこの場所がたまたま良かったのか、その瞬間にスイッチが入ったのかは分からない。


まともなサカナの反応はその前後一切ナシ。







9_20200722143629437.jpg



でも、こんなヤマメに出会えるとそれだけで疲れも吹っ飛ぶし


当面 幸せな気持ちでいられるから不思議だね。









「一生幸せになりたいなら釣りをしなさい」   か。












にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村













テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/07/22(水) 12:36:45|
  2. 2020年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマメ捜し

2020年6月27日(土)

本流ヤマメを探しに会津の本流へ。




1_20200629140230dc5.jpg

梅雨の晴れ間に当たったこの日。

久々に訪れたこの川。


以前はこの本流のずっと上流部まで釣りに通っていて、随分遠かったイメージだったが・・・

途中、新しい道が数本出来ていて当時と比べると格段に近くなった。

所要時間で言えば1時間程短縮されたように思う。




3_20200629140233df0.jpg

気持ち良い流れの中、やっと反応があったのは釣り始めてから2時間後。




00_20200629140227086.jpg

こんな石がゴロゴロ転がっている河原を歩いていると・・・うん??





01_2020062914022994a.jpg


明治十年  〇 旧七月 と読める。 


〇 部分は読み取れない。


おそらく当時掛けられた橋の一部だろう。

2011年以降 大きな台風や豪雨に幾度か見舞われたこの地域。

その惨状が思い浮かぶ。。。




ってかさ 明治10年って西南戦争の年だったよね。

ってことは、この前の年に廃刀令とか出てさ、萩の乱とか秋月の乱とかあってさ・・・。

西南戦争の翌年に大久保利通暗殺でしょ・・・。

東大ができたのも明治10年じゃ??


あえて旧七月ってあるけど、新暦(太陽暦)になったのも、つい五年位前の出来事。

当時のこの地域の人々に新暦が浸透しているとは思えないもんなぁ。


さらに言えば戊辰戦争から10年足らずでの橋の設置計画されたって事で、

会津といえば会津戦争もあって・・・この地域は北越戦争にも少しは影響あったのではなかろうか??





釣りそっちのけで、ぐるぐるとそんな事を想いを巡らせて 暫しこの石の欄干?を眺めていた。

他の人が見ていたら怪しい人と思われたろうな(笑)





4_20200629140234cf9.jpg

いくつかの橋の前後を探るうちに 橋一本につき一匹が釣れてくれる(笑)


これは小さな堰堤下のポイントをしつこく流した後に反応がなくて、

それでも何か気になってフライをチェンジして3投目にゆっくり浮上してきたヤマメ。

決して大きなサイズとは言えないけれども、この日 2番目に嬉しい釣れ方をしてくれたヤマメだ。





6_20200629140237394.jpg

このヤマメは 橋より上流部から藪漕ぎして河原に出て 暫く下流へ下ったトコにある深いプールのバブルラインから出たヤツ。


強風の中 スペイキャストの様に変形ロールキャストでバブルラインを下から順に静かにフライを落として行くと、

これまた静かにゆっくりと大きなフライを咥えてくれた。






7_20200629140239b80.jpg


そして、サイズ的には2番目だが この日一番嬉しい釣れ方をしてくれたのがこのヤマメ。



左岸側がヤナギで被った深瀬を釣り上がり、その中でも ここだろっ というスポットからゆっくりガバっとフライを咥えた。

たまたま立ち位置とその被った対岸際の距離が自分に合っていたようで、ギリギリのトコを流せたのが良かった。





8_20200629140240f40.jpg



この日、尺ヤマメ×2 28センチ×1  25センチ位×1  21センチ位×1 


こう書くと なかなか良い釣果ように見えるなぁ。





土日二日間 この本流でロッドを振り倒そうかと思って寝袋も積んで家を出てきたが、奥様に電話をした。


「今日 帰るね。」





この日、釣れたヤマメは全て 放流魚だったのだ。





ヤマメ捜しの旅は まだまだ終われない。。。。







にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村





テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/06/29(月) 23:31:35|
  2. 2020年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びイワナ捜しへ

2020年6月20日(土)


2週続けてイワナの渓へ。





1_20200624155632373.jpg

待ち合わせが現地付近に朝の5時ということで・・・・起きれる自信なく真夜中に車を走らせ、

車の中で仮眠して待つことに。


そうして向かった先は待ち合わせ場所からさらに一時間程移動した渓。






2_202006241556330ed.jpg

車止めから更に歩くこと1時間。


ゆっくりロッドをセットしてキャスト そして ウェルカムフィッシュ!!


色白な綺麗なイワナ。


きっと水が綺麗だからだろう。





3_20200624155634a1b.jpg

透明な流れでイワナも元気だ。


8寸~9寸弱位のイワナなら コンスタントに反応がある。


なんとも気持ちの良い釣り。




4_202006241556369f1.jpg

そんな気持ちの良い渓を案内して下さったのはこの方 フライ旅さん


ここ数年何度か この渓の釣行を企画するも天気やら何やらで延期続きだったが、この日やっと叶った。

 


良いサイズを見つけてはポイントを譲って頂いたのだが、なかなかサイズは伸びなかった。



一匹明らかに余裕の尺上のイワナがいたけれども、口元をフライが掠めた感覚が手元に残っただけだった。

残念だが、ホントに楽しいひと時だった。






5_20200624155637995.jpg

この日 ボクのマックスは28センチを少し超える位だった。 

それが2匹。







6_202006241556399c4.jpg


野性味が強いイワナはサイズの割に引きがとても強い。



この写真の9寸アップイワナはフライ旅さんが見つけてくれたヤツ。











7_20200624155640d47.jpg


この日、終日風が強く釣りを少し難しくさせたが、それでも数は随分と出た。    (と思った。)



一つのポイントで、立ち位置から順に 手前の肩 ・ 真ん中の肩 ・ 奥の肩  

さらに 流れの中程沈み石の上で 手前 ・ 真ん中 ・ 奥   


と6匹釣れた時が2回あったし・・・ね。





綺麗な渓と水と森。  

力強い野性味のあるイワナ。

長い渓歩きで噴き出す汗を乾かしてくれる その強い風。


なんとも気持ち良い一日だった。







8_20200624155642ee4.jpg




数に関してはこんなオチがある。。。



ボク 「少なくても一人 20匹以上は釣れましたよね?」 (実際は30匹弱位かと思う)

フライ旅さん 「う~ん そうだね それ位は釣れてはいたね。 今年来た中では一番反応悪いかなぁ。」

ボク 「・・・・・・・・・。」





いやぁ マジですかぁ??




引退とか言わないで来年もお願いします(笑)







にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村







テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/06/24(水) 12:56:58|
  2. 2020年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

cobakoba

Author:cobakoba
福島県浜通りに居住。
フライフィッシングを生活の中心に置き、日々過ごしてきましたが、2007年サンデーアングラーへの道を歩むコトとなりました。
どなたか何処かいいトコ案内してくれませんか?

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード