FC2ブログ

cobakoba日記

2007年、サンデーアングラーへ転身した釣りバカのフライフィシング日記。 

川の再確認


2019年5月25日(土)


そんなはずはナイ。。。おかしいでしょ。。。



ボクは、川の名誉を取り戻す為に2週続けて自転車に乗り林道を走った。



今回の相棒はOBAさん。




渓に降り立ち、すぐにOBAさんが良型をキャッチ。

プレッシャーを掛けられる。


まあ まずはあっさり連れてくれたので ホッとはした。



1_2019052718340231f.jpg

本日の渓はどうやらヤル気らしい。


ボクのフライにも出てくれた。


しかも連続で、2匹目には この日のボクのマックス 32センチのイワナ。

残念ながら写真はない。。。




2_20190527182909e71.jpg

31.5㎝のイワナ。


この日のピークは午前中の遅い時間帯だったようで、そこまでで二人に尺イワナ3匹。

泣き尺イワナが数匹。 9寸は普通に出る。



3_20190527182910020.jpg

この時期の緑は綺麗だよね。

しばらく眺めていられる。





午後の部に入ると少しペースが落ちたが、


4_20190527182911b60.jpg

こんな泣き尺や


5_2019052718291255a.jpg

コンディション抜群の釣れ頃イワナは時折出てくれる。





6_20190527182913afe.jpg

ボクの地元でこんなイワナが釣れたら大喜びなんだけどね。


ここじゃあ 写真も撮らずにリリースし続ける。




7_20190527182915fa8.jpg

終盤にはサイズは今イチだが、ヤマメも顔を出してくれた。



結構な数の渓魚に相手してもらい、お腹いっぱいです。



さて・・・・先週と何が違うのだろうか・・・・。


一雨挟んだのが良かったのだろうか??






8_2019052718291673b.jpg

この日の晩は、ボクの定宿で初めての夕食を頂いた。

噂では聞いていたが・・・驚く程美味しかった。



ビールも一本だけにして疲れた身体を労わった。

湿布は7枚貼って寝た(笑)





翌日も良く晴れた日曜。



秋田の渓にて大ヤマメを探して歩いたが・・・・


9_20190527182918e2e.jpg

こんなサイズのイワナが5~6匹。




10_20190527182919fd1.jpg

ストマックは・・・スピナーも入っているけど、ハチの仲間みたいのも多い。



最後の願いを込めて向かった先では対岸沿いで小さなライズ。



11_20190527182921cf8.jpg

こんなサイズのヤマメをライズで1匹。

ブラインドで2匹キャッチ。





12_2019052718292316c.jpg

同じ所で良型イワナもライズを1匹 ブラインドで1匹。


十分良いサイズのイワナなんだけどね。

この日はヤマメ狙いだから・・・。




ここもこの渓の名誉の為に再度訪れないといけないようだな。




13_20190527182924a61.jpg

一時半頃には見切って温泉に入り、ランチを食べて帰路へ。。。


相変わらず美味しい山菜と稲庭うどん。




あぁ 思い出した!!

ベストの背中に昼食用に買ったオニギリが入ったままだ・・・・家に帰ったら捨てなきゃ。






にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/27(月) 12:55:12|
  2. 2019年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

2019年 遠征釣行スタート

2019年 5月18日(土) ~19日(日)

秋田・岩手へ。



結果から言おう。



まったく釣れなかった。。。。





1_20190521153456b39.jpg

秋田に入り向かった先の入渓点までの畦道で見つけた立派なタニシ。



この二日間 サイズは別としても数に関しては間違いなく爆釣だろうと思っていた。

このタニシを見つけた時には、関連性もないのに何故か やっぱり爆釣だな と(笑)




2_2019052115345831e.jpg

期待した入渓ポイントではライズ待ちもしたりしたのだけれども、結局一匹も釣れずに釣り上がった。


何故だか魚の気配が薄い流れにフライを浮かべ ここは出るよねってトコからは一切反応はなく。

超ショボイトコからやっと出てくれた今シーズン初の令和秋田ヤマメ。  カワイイ・・・。







3_20190521153500797.jpg

それからしばらく上流からの強風に悩ませられながら反応の無い流れを釣り上がって

やっとこさ釣れた確か3匹目。



そして 


4_201905211535011a7.jpg

そのすぐ後に出たイワナ。





5_20190521153502550.jpg

この日 一番のサイズのヤマメがこれ。



退渓点まで釣って、おかしいなぁ・・・と もう一度 最初のポイントから入渓し直してみたが、

少し釣り上がってはみたものの反応はなく 早々に諦めた。



近くの温泉に明るい時間から入り、日が暮れる前にはHIDEさん夫婦と居酒屋の席に着いた。



その時点ではまだ心に余裕があった。


明日の渓こそ爆釣だろうと。


ただ、強風警報が出ているのだけは気掛かりだったが。。。




6_2019052115350423a.jpg

翌朝、岩手の渓へ HIDEさんとサイクリング。

HIDEさんはこの日の為、 前日に自転車を新調していた。





にしても相変わらずキツイですな。 

オケツが痛くて堪らん。




7_201905211535062a4.jpg


むちゃくちゃ釣れそう~。




しか~~~し 


魚が全然浮いていない。

虫っ気も薄い。



どうやらお祭り騒ぎは終わっていたようで。。。



8_20190521153507e8f.jpg

祭りの後の静けさか・・・ 釣れてくれたイワナもなんだか申し訳なさそうにボクを見る。



そんな中でもHIDEさんは9寸超えのヤマメとイワナをキャッチしておりました。


それにしても 不思議なくらいに反応が

こんな時もあるよね。




また次回に期待。



HIDEさん お疲れ様でした~。




にほんブログ村





[2019年 遠征釣行スタート]の続きを読む

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/21(火) 12:36:26|
  2. 2019年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成 と 令和 ってか


2019年のゴールデンウィークの釣り






【 2019年4月28日(日) 平成最後の釣り 】

00_20190508155838a14.jpg

朝早くからトリさんと待ち合わせし渓へ。

寒いし・・・・。

ゆっくりで良かったんじゃ??



0_201905081558399cd.jpg

お昼前からやっと反応が出て、チビヤマメが釣り放題となった。

この写真のヤマメが多分この日のボクにとってのマックスサイズ。


やけに疲れた一日だった。







【 2019年5月5日(日) 令和 初釣行 】   ・・・・こどもの日だね。


日帰り会津観光から戻ってすぐに川へ向かった。

夕方5時から一時間の釣り。


1_2019050718223304f.jpg

令和初フィッシュは予想だにしなかったイワナ。

川に入って数投目に出たのだが驚いた。

この区間でイワナが釣れたの初めてです。


そして  その後 何の反応もナシ・・・。





【 2019年5月6日(月) 連休最終日 】

10時頃から2時間の実釣。


2_20190507182235214.jpg

令和初ヤマメ。



減水・足跡だらけの川を釣り上がったのだけれども、反応は悪くなく。

ただし、魚はナーバスだった。


写真のサイズ位のヤマメが5匹。



3_20190507182236ce6.jpg

釣れたヤマメの数と同じ位のヤマメには嫌われた。

この日のアタリフライは♯15のスペントカディス。

パラシュートとソラックスは食ってくれなかった。


薄曇りの暖かい時間帯だったので条件が良かったのでしょう。

さらに欲を出して車で上流へ向かったら結構な雨が降り出し、釣りを諦め庭の草むしりに帰りました。



・・・・・ボクにだけあと10日 連休くれないかなぁ。



にほんブログ村





テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/08(水) 12:33:27|
  2. 2019年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本流釣行

2019年4月21日(日)

いわきの本流にて。


1_20190423161225576.jpg

この日、曇り空で少し寒く感じる時間帯はあったものの本流釣りには良い感じ。


同行者は今回もトリさん。

福島から遠路はるばる毎週通っております この人。



目につく虫は♯14位のカディス。

他は時折 各種メイフライがポツポツとハッチする程度で、ライズを誘発する程ではない。

前日の土曜はピーカンで気温も上がっていたので、やはりちょっと気温が下がりすぎかな?




2_201904231612272a0.jpg

いくつかの良さげな瀬にフライを流し続けて暫し、やっとフライに出てくれたヤマメ。


サイズは特筆する程のモノではないけれど、春先の釣りとしてはなかなかかな。

お腹もデップリでした。




その後も反応もないまま昼を過ぎた頃になってやっと・・・


3_20190423161228be8.jpg

2匹目。



サイズダウン。



ストマックにはオオクマのイマージャーとヒゲナガのラーバが入っていましたが、写真撮ってなかったようです。






この後、さらにサイズダウンしたヤマメを釣ったのみで2時過ぎに川から上がりました。


トリさんも同じような釣果だったような。




ホントは土曜の夕方にも川に入ろうかと思っていたのだけれども、

金曜に職場の懇親会があり、いささか飲み過ぎてしまい家を出るタイミングを逃し

複合ショッピング施設へ家族と出掛ける事になってしまった。

そこで ついついコインゲームに熱くなり、帰路に着く頃には日が暮れるという・・・。



う~~ん 春の釣り もう終わりなのにね。





4_20190423161230717.jpg

金曜の一次会がボーリングで戴いた景品。


30人中 30位・・・・。

イヤ もともとそんなに上手じゃないけどさ なかなか不味いスコアでした(笑)


でも、いただいた リモコンヘリ ホバーリング姿がとても可愛いです。

なんか ペットのように見えてきたぞ。






次回は連休突入後の日曜に出撃予定です。





にほんブログ村



テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/04/23(火) 00:12:38|
  2. 2019年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜満開の中で

2019年4月13日(土)


この日、何故か急に夏井川水系へ向かうことにした。


1_201904161327583b1.jpg

あまり良い噂が入ってこないのだけれども、減水だからこそフライに出てくれそうな区間を・・・と期待して向かった。


ゆっくりと家を出て釣り場へ着くも、釣り人の姿は皆無。



それでも川の雰囲気は良い感じなので、のんびりと釣り支度をしていると

一度通り過ぎていった自転車に乗ったオッチャンがわざわざ戻ってきて声を掛けてきた。



「魚 いねぇぞ。 解禁日は結構人いたけど皆釣れねぇって言って、それっきり来ねぇわ。」



おおぉ いいねぇ・・・テンション下げてくれるねぇ~~。


まあ もともと釣れてないのは知ってはいたので、とりあえず釣り上がってはみた。




ヤマメらしき反応は一切得られないまま1時間半程川の中でロッドを振り倒した。


敢え無く移動を決心。




2_201904161327599d4.jpg

移動した先は、さらに水の無い区間。


それでも何とかポイントを形成している流れを10分程眺めていると、ライズが起きた。

と、同時に複数のオオクマがパタパタと流れの中から飛び立つ姿が目に入ってきた。



ギリギリ移動が間に合った感じだ。



2匹ライズし始めたそのポイントは狭く、下流の一匹を釣ってしまうと二度と2匹目はフライに出る事もライズする事もなくなった。



4_20190416132802623.jpg
【初日のストマック】

ダンとイマージャーがメイン。



一つ上のポイントでもライズが起きて、渇水の流れなので遠目からフライを流して釣ろうとしたのが悪かったのか、

一度空振りした後に もう一度フライに出てくれたヤマメはフッキング後すぐにバラシてしまった。



ボクが期待していたポイントはあと三カ所。


内、ライズしたのは真ん中の一カ所のみ。




3_20190416132801f82.jpg


こいつも一発ではフライを食わす事が出来ず、二度目でガップリと咥えてくれた。


この時期、この水量ではなかなかの良い魚だった。



昼前後 一瞬のオオクマのハッチに誘われたヤマメを何とか釣る事が出来た。

可能性としては こんな短時間のライズがあればかな? と思っていたので、一応思惑通りかな。



その後はブラインドで釣り上がるもスレで一匹だけのキャッチ。


ライズも一つあったけれどこちらは小さなフライで出したのだけれでも、敢え無くバラシ。



他は一切の反応がなく、 3時前には自宅でゆっくりしていた。







2019年4月14日(日)

鮫川水系へ


5_20190416132804f71.jpg

この日もゆっくり家を出発して、桜満開の中での釣り。



想像はしていたが、あまりの減水に不安になりながら入渓点まで川の横を歩いた。


入渓点では地元の漁協関係のオッチャン達と関東ナンバーの釣り人が輪になって話込んでいたが、

これから釣りするのか? とやはり声を掛けられた。


「水少なくてダメだ。 今、ここから釣り上がったけど全然だぁ。」



二日連続・・・。


エサ釣りの後でも少し時間をおけば あまり気にせず釣り上がるボクだけれども、

今 釣りしたばっかりって・・・・減水の川を・・・・ちょっと動揺したが、それを察しられるのも悔しいので

やっぱダメですかぁ などと笑顔で応え オッチャン達の横から川へ降りて行った。



ここは入渓点から3箇所位テッパンで釣れるポイントがあって、その数や出方でその日を占えるのだが・・・・。



はい    あっさり2カ所無反応。 (この時点でかなり焦る・・・。)


が、3カ所目のポイントのカタはボク的に一番確率の高いトコ。



祈るような気持ちでフライをプレゼンするが、細いポイントに15㎝くらいもショートしてしまった・・・。







6_20190416132805572.jpg

ところが、減水だけに終わったな と思った瞬間にヤマメが定位してたであろう位置から身体を横にズラシフライを食ってくれた。



小さいヤマメにネットを差出し確実にキャッチ。




7_20190416132807b4b.jpg
【二日目のストマック】


こちらの河川では既にスピナー。




この後、減水と釣り人でプレッシャーの掛かった流れを釣り上がったが、

やはり反応はなく そろそろ集中力が切れそうな頃にまたもやスレで一匹釣れた。



そこでなんとか気持ちを保ち、退渓点近くのここもテッパンポイントに着いた。


2度程ブラインドでフライを流すも反応なく、立ち位置を少し変えるとライズが起きた。




しかも 前後に2匹。


なんとか下流側から釣れば2匹とも取れそうな位置関係。



まずは下流のヤマメに絞ってフライを流すが、何にライズしているのか3本程フライをチェンジするがフッキングしない。

すっぽ抜け後も、時折ライズする。



4本目のフライ ♯17のスペントパターンで遂にフッキング出来たが、それまでのすっぽ抜けなどで疑っていたのか

フッキングが甘かったようでバレてしまった。



すると1m20~30㎝程上流側でライズしていたヤマメもライズを止めてしまった。。。。



しかし、今日の釣りはここが正念場か? とそのまま待つこと15分。



先程よりも早いスピードのライズが起きた。


8_20190416132808ff2.jpg

一投目、下流側のヤマメが咥えたスペントパターンをあっさりと咥えた。


これもなかなか良いヤマメだった。


ストマックが気になっていたのだが、スポイトを準備する内にフックが外れて逃げられてしまい

謎解きは叶わなかった。





この後、大きくポイントを移動したが、あまりの反応の悪さに諦めて家に戻った。

2時前には家にいた。





ちょっとまとまった雨が欲しいですね~。





にほんブログ村








テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/04/16(火) 00:28:17|
  2. 2019年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

cobakoba

Author:cobakoba
福島県浜通りに居住。
フライフィッシングを生活の中心に置き、日々過ごしてきましたが、2007年サンデーアングラーへの道を歩むコトとなりました。
どなたか何処かいいトコ案内してくれませんか?

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード