cobakoba日記

2007年、サンデーアングラーへ転身した釣りバカのフライフィシング日記。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9月後半戦

12.png



今年の9月は、いつになく駆け足で秋を迎えているように感じた。


あまりに夏が暑くて、気温のギャップにそう感じただけなのだろうか?




1_201310032157052ef.jpg

お盆を過ぎた辺りから、やけに育ちの良いヤマメが顔を出すようにも感じた。




2_20131003215707bec.jpg

これは9月の連休時の水温かな。



随分と落ち込んだものだ。





4_2013100321571299c.jpg

それに伴うかのように渓流に棲む魚達の活動も良くなかった。


活性が上がるのは、昼ちょっと前から2時間くらいしかなかったように感じた。




3_20131003215709c82.jpg

それでも、そんな短時間のドラマにかけて川へ足は向かうんだよね。


そして、こんな陽の差し込む綺麗な流れでサカナを探すだけでも幸福感を得る。



それが、釣りバカ ってヤツなんだろうね。




5_201310032157152bb.jpg

連休中には、ちゃんと家族サービスだってしてますよっ。






うん? これが家族サービスなのか? って??



・・・・・・ダメ? ちがうの?







11_20131003215835a44.jpg


うっすらと秋色のヤマメって、なんだか哀愁を感じるのはボクだけなんだろうか?





こんなヤマメの肌を眺めながら、秋の匂いのする風が頬を撫でていくと なんだか


今年もそういう季節かぁ。


と、一人ちょっとアンニュイな気分にもなったりする。





共感した人いる?




おめでとう 


そんなアナタも十分 重度で 処方箋などない 釣りバカです。





6_201310032157368f1.jpg

白っぽいヤツ や



7_201310032157398b3.jpg

青み掛かったボディにオレンジ線の入ったヒレのヤツ。



そして、



8_201310032157416a7.jpg

幽谷に棲まうような濃い色のボディと白いラインの入ったヒレのヤツ。




同じ渓でもこんなにも色彩の違うイワナ。


どれが好みと問われて、答えられる釣り人っているのかな?




そのどれもが、その時々の場所とシーンに見合っていて、惚れ惚れとするよね。






共感した人いる?







残念!!   もう勝手にブラザーって呼ぶからね。





9_20131003215744882.jpg

だんだんチャリも年季が入ってきたなぁ。


ちょっとはチャリにもお礼してあげないとね。



アトでチャリ用のグリースでも買ってこよう。


カブトムシのダニ避けと一緒にね。


そういえば、今年は10月に入ってもカブトムシが何とか生きてます。

幼虫は約30匹でした。   50匹くらいはいるかと思ったのに・・・。



いや これも家族サービスよ。



うん?  なに??   




・・・・・・・・聞こえない聞こえない。






10_20131003215747289.jpg


最後のヤマメも艶やかな肌色のカワイイ娘でした。



たくさん子供を産んで欲しいものです。



そして、また来年も遊びましょう。






00_20131003200552744.jpg

色々な出会いを来季も楽しみに。








スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/03(木) 23:48:38|
  2. 2013年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

秋ヤマメ

1_201309142101409f7.jpg

9月に入り2度目の釣行となった本日(9/14)。


台風前の晴れに当たり、暑い中なんとか一日釣りをする事ができた。



9_20130914210233b3f.jpg

今回もトリさんと林道チャリコース。



毎回のことながら、チャリ止めに着く頃は、心臓バクバク、息はゼーゼーを通り越しハッハッハッハって感じ。
(笑ってるワケじゃないよ。)

汗ダクで今回は着替えなどもする始末。



原チャリ買おうかなぁ。 

モトコンポとかさぁ・・・いいよねぇ。

同じホンダでも、昔乗っていたZOOK(ズーク スペル合ってる?)じゃあ この林道突破は難しそうだしな。



身体鍛えろって?(笑)




ま そんな事を毎回チャリ止めで考えながら息を整え、向かうはお気に入りのプール。


2_2013091421014346c.jpg
【 減水ぎみのプール 】

普段は、どんなに そ~~~っと ヒラキに近づいてサカナを見つけようとしても、

2匹くらいには走られる尻には魚影すらない。


減水で芯に近いトコにいるのだろうか?



いつも9寸サイズのイワナが2~3匹はいる芯の手前の良いポジションを覗いても、

一向にサカナの姿は見当たらない。。。




仕方ない・・・ここはブラインドでロングキャストして芯のスジにフライを流してみる事に。





3_20130914210147bf7.jpg
【 一投目で 】

スジに上手乗ったフライが、小さな波に揺られるように流れたところを小さく吸い込んだのが、

上のヤマメ メスの27センチ。



良いママになりそうな優しい顔をしたヤマメだった。





4_201309142101509b7.jpg
【 撮影は手短にリリース 】


写真ではあまり伝わってこないが、うっすらと色付いた感じがあったので、

もしかして、彼氏も一緒なんじゃないの? と、思いながら流れに返し




どれどれ、次は彼氏さんに挨拶したいなぁ と釣れたポイントの2メートル程上流から流すと・・・





またも一投目。






6_201309142102241d0.jpg
【 彼氏サン 】


ガブ!!って感じでフライが消えたトコを合わせると、ぐねぐねぐねぐね~~~っというカンジ? で


ロッドが引き込まれた。 (スミマセン ボキャブラリーが乏しくて)



重量感もスピード感もたっぷりの良いファイトを見せてくれました。





カワイイ彼女を持つだけあって、さすがに男前ですな。




5_20130914210153186.jpg
【 無駄にデカイネットと31センチ 】

彼氏サンは完全に色付いてますね。



背景に写っている溜まった落ち葉も秋の始まりを告げているようで、

この雄ヤマメの体色を肯定してあげているように感じました。




もう そういう季節ですね。





このプール 2投でこの釣果。


こんな時もあるのね。。。




幸先良いスタートとなった本日の釣行は、

このままテンションMAXのまま一日を過ごせるのかと期待したのですが、


トリさん合流後は、下のサイズ位のイワナを数匹釣ったのみ。



7_20130914210227829.jpg

8_201309142102302e7.jpg


もともと早朝から入ったような足跡があったのですが、

それは仕方ない。


時間も過ぎてるから大丈夫と思い釣りを続けました。


そして、


林道を歩いて帰るエサ釣り風の方を見た後、しばらくすると上流へ向かう人が・・・。


アタマ撥ね・・・・・・。




マジかぁ・・・・ここまで来てそんな事せんでもなぁ。



連休初日ですし、まあ色んな方がいますね。









こんな方も。




10_201309142102363f4.jpg


ギョエ って思った?(笑)




ではでは。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/09/14(土) 22:47:12|
  2. 2013年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

8月 いわきの尺ヤマメ事情


1_201308311510152c7.jpg

気が付けば、8月も今日で終わり。

釣りも残り一ヶ月ですね。




そういえば、夏休みって、子供の頃にはかなり長く感じたんだけれど、

大人(オッサン?)になると、自分の子供の夏休みなんてアッという間に感じてしまうもんなんですね。

(いわき市の小学校はとっくに2学期が始まってます)



ま それは置いておいて・・・


ボクの8月の釣行は前回アップした数釣り後も2回かな? 行ってきました。

まあ アップするほどの事もなく、いつもと同じようなサイズをポツポツと釣ってました。



実は、前回アップの数釣りの数日後、友人が同じコースに入って、数こそ出ないものの、なんと尺ヤマメを釣って帰りました。


もちろん さらに数日後、ボクも同じコース入りましたよ(笑)

尺ヤマメには走られて終わりでした(涙)




そんな流れから、半月振りの釣行となったのが本日。




最近まとまった雨がなく、さらに前日から急に暑さが戻ったり、台風がくるかも? などと

まったく釣りに不利な条件ばかり並べられた中、早朝から鮫川水系へ出発。


水が思っていた以上に少なく、20㎝強のヤマメを2匹釣ったのみ・・・。


アユ釣りの人達が多く、移動もままならないので、一気に別の水系へ移動。



2_201308311510194b1.jpg
【 久しぶりの場所 】

ここ数年良い話を聞かなくなったポイントへ。


昔は好きで良く通ったんですがねぇ。



選んだ理由は、減水時しか釣り上がれない場所が多い点と、

不人気ポイントとなった今でも少ないけれどサカナはいるはずで、
人が入らない分、プレッシャーも少ないかなぁ とか。






で、出ちゃいました~。



ド~ンと


3_201308311510227e6.jpg
【 秋色の雄ヤマメ 】

沈み石のアタマからゆっくり浮上してきて、ゆっくりとガバァっとフライに食いついた。


浮いてきた時から一部始終が丸見えだったので、マジかよぉ~~ と思いながらも、

珍しく落ち着いて、ゆっくり目にアワセを入れる事ができました。


ファイト中に婚姻色が、偏光レンズ越しにレッドバンドに見えて、ニジマス?? と疑った瞬間もあったのですが、
ファイトがニジマスのとは違うので、大ヤマメだ!! と緊張しながらも嬉しかったです。



4_20130831151025ca2.jpg
【 無駄にでかいネットと37センチ 】


いやぁ~ いつもは無駄にデカイと言われ続けたブローデンのネットも、役に立つ時がありますね(笑)


もう 「無駄にデカイ」 とは言わないでくださいね。


今では 「無駄にデカかったネット」 となりました。






ネットの大きさは夢の大きさに比例する (cobakoba)




5_20130831151028cf8.jpg
【 子孫に逢わせてね 】


こんなサイズのヤマメをリリース出来る幸せ。



男前のコイツなら、数が少ない区間でも美人さんをいくらでもゲットできるでしょう。





6_201308311510537ce.jpg
【 空も草木も秋の準備 】

いくら暑くとも、すっかり風の匂いは秋仕様となったこの頃です。






で、午後イチで家に戻ると、


生きもの係り



7_201308311510552ad.jpg

今年の羽化は14匹でした。


カブトムシの寿命もそろそろカウントダウンです。


すでにオスは2匹死亡。





でも、





8_20130831151057ecd.jpg

既に新しい命が懸命に成長しようとしています。



今日、ケース2つをちょっと見ただけでも幼虫が7~8匹、まだ卵もいくつかみられました。

他にもケースが2つあるので、随分増えそうだな・・・。



来年は成虫ケースさらに4個必要となるんじゃなかろうか??


う~ん  そこまで喜んどるか? ウチのチビ様。




ヨシ サイドビジネスに・・・・・・ニヤ




9_20130831151059531.jpg

親子の出会いだが、お互い認識はあるのだろうか?







テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/08/31(土) 16:38:18|
  2. 2013年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

8月 いわきの川

1_20130805213919ce7.jpg

8月4日(日)  10時近くに仕事が終わったので、まっすぐ近くの川へ向かった。


ホントは早起きしてモーニングだけやって、仕事に出るつもりだったんだけど、

最近寝付けない事が多く、前日も最後に時計を確認したのが2時過ぎだった。



その時点で4時起きは諦めました。




2_201308052136314aa.jpg
【 増水のなごり 】

梅雨の明けない東北地方の中で、比較的雨量の少ない方だと思われる いわき市内の川でも、

数日雨が降らなかった程度では、なかなか川の水量が減らない。


実は一週間前にも様子を見に来たのだけれど、その時はまだ微妙に釣り出来るカンジではなかった。



で、一週間空けての この日。


想定していた水量よりも、ちょっと少な目ではあったけど、まあ引き際には違いない。




期待してヨシ!!  



と判断。





で、


3_20130805213641890.jpg
【 一匹目 】

いつも反応の良い区間(20~30m)から一切の反応がなく、ちょっとあせったのだけれど、

その区間を過ぎると急に好反応!!


多分、もっと下流から釣り上がった人がいて、そこから退渓したのだろうと判断。




4_201308052136449d5.jpg
【 本日の水温 】

陽当り良好なこの川で、この時期に この水温。

湧水も入り込んでるとは言え、長梅雨のお蔭と言ったトコでしょうかね。




5_20130805213648df2.jpg
【 バシバシでる 】

水量は多いけど、水色はクリア。


普段より透き通っているくらいだ。


6_20130805213710a48.jpg
【 ネットも使います 】


サイズは22㎝~25㎝程だが、この川でそのサイズが揃って出るのも珍しい。


普段はもっと良いサイズじゃないとネットを使わないのだけれど、何故かネットを使う気になっていた。




う~ん  考えてみると、ボクはほとんどネットをださない。


そんだけ良いサイズが釣れていないってことだね(笑)





7_201308052137167a5.jpg
【 好反応が続く 】

増水後で、岸際の草や葦も倒れてるし、その周辺の葦は全て刈られている(除染??)ので、クモの巣もほとんどない。


増水の流れは厚く、風もそこそこ吹いていたので、普段この川で釣りをする時よりちょっとだけティペットを伸ばした。


全長で20fちょっと位のシステムでも、障害物もないのでノビノビとロッドを振れます。


普段、このポイントだと18~19fがボクの標準です。




狭い里川ですし、あまりポイントとの距離を詰めることは得策ではないので、

それなりにロングキャストで狙います。


8_20130805213722ac0.jpg
【 なかなかの引き 】

目元にティペットの痕がついてしまった事からも分かるけど、厚い流れの中でグルングルンとローリングして、

サイズの割には良いファイトをしてくれた。




9_20130805213727090.jpg
【 釣り日和!! 】

こんなサイズばかりが10時半頃から1時過ぎまで釣れ続いた。


22㎝~25㎝ が全部で30匹弱といったトコでしょうか。

いつもここでは、その日のMaxサイズをバラすか、フッキングし損ねるんだけれど、

本日はそんなこともなく。。。


他に20㎝前後も4~5匹釣れてます。



新子の反応もほとんどなく、この時期にこの川での釣果としては驚きです。




いつもお世話になっているプロショップ ダックのオーナーさんからは、

10数年前の冷夏の年も、こんな感じで通年良い釣りが出来たとは聞いていたので、

期待してはいたのだけれど、それ以上の釣果でした。



サイズについては9寸アップは出るかなぁ~ と思っていたんだけれど、

そんなのはフライを見にも来てくれませんでした。




が、これだけ数が出れば文句ナシです!!




10_20130805213800d2c.jpg
【 休憩 】

川から上がって飲んだコカコーラ・ゼロがなんとも美味しかった~。



たまにはこんなラッキーな日があってもいいよね。



使ったフライは2本だけだし。


アブも一匹も見なかったし。 ←これはこれでいいのだろうか??



11_20130805213803d80.jpg
【 活き活き 】


川辺ではコイツらが一番元気だったなぁ。



他にもバッタ類が随分と見られるようになりました。



次回はホッパーフライも用意して使ってみようかな。






テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/08/06(火) 21:41:49|
  2. 2013年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雨の秋田 2日目

お昼すぎまでの釣りで終わった初日、

その日は終日降り続けたが、2日目の朝にはなんとか雨はあがっていた。



でも、釣り出来るかどうか微妙。。。






それでも渓へは出向くんだけどね。


アホだから。




13_20130708210844.jpg
【 また ここから渓を目指す 】


2日目は、打って変わってイワナ狙いの予定。



去年もここを突破したなぁ。


初めて一人で来たら、まさかここを突破しようとは思わないだろう。





14_20130708210847.jpg
【 霧の中 】

増水・濁りともにギリギリ釣りできる場所もあるよ ってレベル。



あとは イワナが、食事しよっかなぁ と思ってくれているかどうか・・・。




まあ まず いないわなぁ。

みんな避難中だよね 普通。





ところが、




15_20130708210849.jpg
【くいしんぼうの尺イワナ】

中にはいるんだよね どんな状況でも食欲の落ちないヤツって。



釣ったのは OBAさん だけどね。



増水の流れの中、ゆっくりとした巻のポイントから見事に尺イワナを引き出してました。


なんかファイトもカッコよかったよ。






一方、ボクはというと・・・



キャスティングとドリフトの練習。



流れていくフライに一切の異常ナシ。






このまま反応が良くなる見込みもない と判断し、

カロリーメイト食べながら下流部へ移動。


久々にカロリーメイトのブロック食べたけど、美味いね~。








ここなら出る可能性はある と入ったポイント。





16_20130708210851.jpg
【 なんとか9寸 】


期待通り!!



サイズはもう一声欲しいトコですが、この日の状況なら仕方ないでしょう。




大きな巻のポイントのアタマで出たので、まだ反応するはず と一匹目が出たトコから

さらに60センチ程先にある沈み石まで流し込むと、


17_20130708210910.jpg
【 同サイズ位かな 】

ゆっくりと浮上してきて、ゆっくりとフライを咥えました。



のん気なヤツってのも、どこにもいるもんだねぇ。






おかげで、なんとかボーズ回避できました。






結局、この日釣れたイワナは、これが最後となりました。




秋田での釣りも、当初の予定では3日間だったのですが、2日で切り上げて帰路へつきました。



OBA(オービーエーと読む)さんには とてもお世話になりました。


また 遊びましょう~。






追記:

① ちょっとバタバタしていて、ヤッツケ的なブログの内容になってしまいました。

② 今回の秋田釣行での一番の収穫は、現地の開店したばかりのセブンイレブンで、
  チビ様が七夕の短冊に書いた願い事「りっくでぃあすをかってもらえますように」
  を叶えられたこと(笑)











テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/07/12(金) 12:56:45|
  2. 2013年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

cobakoba

Author:cobakoba
福島県浜通りに居住。
フライフィッシングを生活の中心に置き、日々過ごしてきましたが、2007年サンデーアングラーへの道を歩むコトとなりました。
どなたか何処かいいトコ案内してくれませんか?

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。