cobakoba日記

2007年、サンデーアングラーへ転身した釣りバカのフライフィシング日記。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デビュー

12月11日(日) 


いつものオフの過ごし方 のように午前中に一週間分の薪を用意。



さて このアトどうしたものかなぁ。

昨日は大洗の水族館へ行ったし、アクアマリンとか言ってもチビ様 ノってこないだろうなぁ。。。




ふと 先日覗いたプロショップ・ダックさんのブログ記事を思い出し・・・向かった先は





管理釣り場(笑)




1_20111212225049.jpg
【 Fishing Park 遠野 】



「 釣りに行く? 」


「 うんっ!! 」



と あっさり決まった行き先だが・・・・。



釣りと言えば今までアクアマリンでの釣りがメインのチビ様。

エサのオキアミをポチャっと垂らせばワ~~~っと魚が集まってくる。

で、釣れた魚はすぐに唐揚げにしてくれ、サクサクとその場で食べれる。



これは楽しかった。



今回は、このブログにアップするくらいだから もちろんフライフィッシングだ。




釣れない可能性だってある。


釣り場までの道中 どうも不安になり、


‘絶対に一緒に釣りすること’

‘他の人の近くへ行かない’

‘釣れなくても怒らない’

‘食べれなくても怒らない’


などと固い約束を交わした。 (まあ 約束などアテにならんのだが・・・)





車を駐車してから釣り開始までに既に暴走ぎみのチビ様。


もちろん管理棟などは目にも入らないし、理解しようがない。

目に入るのは池と跳ねる魚と釣り人の姿のみ(笑)


3ピースのロッドをケースから取り出せば、


「 竿が折れてる~~~!!」 と半泣き半怒状態 (はい はい 今 繋ぎますからね(笑))






そんなドタバタを先客10名様に白い目で見られながらも・・・



3_20111212225045.jpg
【 一投目で初フィッシュ!! 】

すぐにドライフライを食べてくれた。


もちろんキャストはボクがやって、その後にロッドを預けたものです。

いきなり45センチ位なので、リールファイト。


何故か教えてもいないのにリールファイトはスムーズにやってたなぁ。




2_20111212225045.jpg
【フライフィッシング初体験】


隣にいたルアーマンの方には迷惑掛けっぱなしの1時間がこの後続いた。

ホントに申し訳ありませんでした。



でも、お陰様でチビ様はご機嫌の様子でした。



まあ 釣りしてる間も


「一人でやるからねっ!!」

「離れて見ててねっ!!」


と車中の約束など露と消え・・・。



キャスティングですら一人でやると言ってきかない。

「いつも見てるから大丈夫っ!!」 ・・・いつ見てんだよ。。。


二人羽織でキャストしてやると フンっ て顔で睨まれ・・・。



何故か怒られてばかりの一時間でした。



キャッチしたのは4匹だったかな?



他にバレたのが2~3匹。

ドライだからね 見にきて帰る魚も多いワケで・・・その度に怒ってました。


岸際には病気で白くなったヤツや死にそうになってフラフラな魚もいるんですが、それが気になって仕方なかったみたいです。

頑張れ~ と応援してました。




リールファイトをしてる正面からの写真や、ネットに入ったニジマスとのイイ写真もあったのですが、

将来 肖像権侵害だとかで訴えられてもイヤなので、後ろ姿だけのチビ様にしておきました。





とにかくデビューの日でした。





スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/12/14(水) 12:50:56|
  2. 2011年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

2011年 オフの過ごし方

11月19日(土) 箒川


この時期に自然河川でフライフィッシングなんて初めての体験。


1_20111121223545.jpg

紅葉の季節からさらに一歩進んだ山に囲まれた川。

10月以降も川で虹鱒を釣らせてくれるなんて嬉しい限りですね。


近年では珍しくなくなりつつあるようですが、ボクにとってはまったくの未体験。

今回もトリさんに声を掛けて頂いたので出掛けられたようなもの。




天気は生憎の雨模様でしたが、川へ立ってしまえば濁らない限り何の支障もありません。



慣れないルースニング(ウキ釣り)をあえてメインにやりました。


川でニンフなど殆ど使用しないので、新鮮ながらもなかなか難しい。

ホントに釣れるのか? などと疑心暗鬼。


釣れないボクを尻目にトリさんは数匹を楽々キャッチ。


で、やっとボクにも一匹目が。

013.jpg
【 珍しくボクの写真などを 】


いきなりデカイ!!


放流虹鱒などと舐めていたら瀬に入られ下られて、さらには瀬を上られて(笑)





2_20111121223545.jpg
【 初めての箒虹鱒 】

やっとのことでキャッチできたのは綺麗な51センチ。

デップリさん。


普段あまり出番のない♯4ロッドで楽しむには丁度いいですね。

何気にリールは新調しました^^



その後、雨脚の強まる中 16時まで遊ばせて頂いた。

昼食後はライズする魚をドライで数匹キャッチする事も出来ました。

食ってたのは♯18位のメイフライのスペントのようでした。

これもなかなかシビアで楽しかったです。



雨の為に写真は残ってませんが、ホントに綺麗な虹鱒もいましたよ。


こんなに楽しませて頂いて一日1500円は安いですね!!



トリさんに言わせると普段より全然反応が悪かったそうですが、初めてのボクには十分な内容でしたね。

普段どんだけ釣ってんだ??


シーズンオフにこんな風に遊べるなんて・・・また行きたいものです。





で、翌日(11/20)の日曜は普段のオフの過ごし方。


薪ストーブの一週間分の薪を用意して~。




本日はカブトムシの幼虫の世話。

3_20111121223545.jpg

夏の終わりに孵化した幼虫 4匹(去年と同じ数)。
今年は成長がイイ。


ケースに  朽木マット


そして、   幼虫のウンコ(笑)



幼虫の世話とは、そのウンコを取り除いて代わりに新しい土(朽木マット)を入れてやる事なのだ。


ホントは土なんか山から取ってきたいんだけどもねぇ。

国も除染出来ないみたいだからペットショップにて購入。


4_20111121223545.jpg

ウチの守り神のトトロが応援してくれている中 作業を続けると・・・






5_20111121223544.jpg


ウンコがこんなに・・・。



実際、際限無く収穫?出来ます。

本日も出掛ける時間があったのでタイムアップにて終了。


もっともっと収穫したかったのにぃ。





年内にもう一回くらい作業をすれば、あとは冬眠に入るかと思う。

あとは春になるのを待つばかり。



釣り人と同じだなぁ。







テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/21(月) 22:36:48|
  2. 2011年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2011年 終末の川

2011年9月29日


0_20110929211721.jpg

色々あった2011年のシーズンも振り返ればアッという間でしたね。


当初は川へ立てるのかすら不安でしたが。




1_20110929211720.jpg
【 念願の流れ 】

所用で休暇をとったこの日、午後から釣りへ出掛けさせてもらった。


今シーズン 行けば毎回増水で釣りにならなかった川。


まだ台風の影響の残るその流れは、増水ながらも釣りできるレベル。


それも引き際のタイミング。


入渓して10メートル位かな 川へ入る前から狙ってたポイントへフライを流そうとフォルスキャスト

それっ~~ってシュートしようとした際に背後の葦に一瞬フライが引っ掛かった。



が、そのまま狙ってたポイントの手前30センチくらいのトコにフライが落ち、ティッペトは狙った形とは全く違った状態で流の芯へ入ってしまった。



もちろんすぐにドラッグが掛かり、再トライするためにピックアップしようかなぁ と思ったところに

いつものごとく尺くらいのヤマメが・・・。



体を捻りながらフライを見に来て、フライを咥えることなくそのまま流の芯へ入って行った。




しばしボー然。






2_20110929211720.jpg
【 毎度のサイズ 】


その後は良型の反応はみられず、新子と写真のサイズが5匹程。





3_20110929211719.jpg
【 上流へ 】


上流へ移動するもまったく反応せず さらに移動。



山を二つくらい越えた。




5_20110929211720.jpg
【 今年最後のトライ 】


震災の道路復旧工事のために迂回させられて時間をロスしながらも最後の流れに立つことが出来た。



しばらく反応もなかったが、小さなメイフライのハッチが始まると小さなライズを発見。




新子かな? と思いながらも、最後だしキチンとフライチェンジなどして流してみた。



静かにフライを咥えたのは綺麗な豊満ヤマメだった。







6_20110929211720.jpg
【 今シーズン最後のヤマメ 】


もう少し反応あるかと思ったんですがねぇ。


虫は飛び始めたものの、魚っ気は感じられず・・・。





最後に大きな反転流を丁寧に流すと、フライを吸い込むように咥えたのは写真のヤマメ。


26センチしかないが、流れの本筋に入ってなかなかのファイトをしてくれた。





ネットに入った時は、その体色から一瞬イワナ?? とか考えもよぎったが、

もう終わりですよ~  と終末をボクに諭すかのように告げる色をしたヤマメでした。








2011年のシーズンもこれでおしまい。




震災に遭い、愛猫を失い、綺麗な空気と雨と森と川と海と・・・・すべてを失い


それでも釣りをしに出掛けました。


なんのためにだったろう?








来年は地元の川をもっと気楽に楽しみながら歩けるといいなぁ。










テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/30(金) 23:16:44|
  2. 2011年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋の渓へ

世の中じゃ 3連休2連荘のシルバーウィークだったようで。


ボクは土曜日が出勤だったもので遠征へ出るワケにもいかず、ただただ地元の川の水が引いてくれるのを願っていました。


9/25(日)今年はさっぱりイイ釣りできていない川へ。

本来は春先から通う大好きな川。



話しでは、良い釣りをされた方もいるようで・・・ボクはどうもタイミングが悪く、行くといつも増水。



で、

今回も完全に、完璧に増水・・・普段の2倍増量中!! というサービスの良さ(涙)




1_20110926221816.jpg
【 懐かしい流れの中へ 】

狙ってた区間はふっ飛ばして、上流部へ移動。


水はやはり普段の倍近くはあるが、なんとか釣りになりそう。



地元の渓でも好きで、昔 良く通っていた場所。



今回は フライ旅さん と初タンデム。



フライ旅さんも以前は良く入っていたようで、‘懐かしい’を二人で連発。



そして、二人でフライ旅さんの言葉を借りれば ‘でるのら~ず’を連発。



思っていた以上には反応があったんですがねぇ。





なんだろうなぁ・・・フライ??





今回のヒントはっ!!










2_20110926221816.jpg
【 サワガニ君 】


いやぁ~ たま~にソルトウォーターの記事で見るけどねぇ。

持ってないなぁ カニフライ。。。




まっ このパターンは前回もあまりウケが良くなかったので、このあたりで止めておきます。





でも、このサワガニ君 よ~く見ると足が数本ないんですよね。

野生に生きる(GOさん元気? HP再開してね)たくましさですね。

色々な困難の毎日でしょう。

台風の中でも生き残っただけありますね。





3_20110926221815.jpg
【 綺麗なイワナ 】

サワガニ君とお別れして、しばらく後にイワナが釣れた。


瀬脇から一度テレストリアルを見にきて戻っていったので、定位している姿を確認できたのが良かった。

フライをC.D.C.カディスに交換して数投目に カプっ て感じに出てくれた。


色の濃い、それでいて黒過ぎない なんとも綺麗なイワナでした。





ボクがまともにキャッチしたサカナはこれ一匹。


フライ旅さんは3匹くらい?(もっと?)はキャッチしてましたね。

腕の差ですね。




懐かしい渓は、記憶よりずっと綺麗な流れで、渓魚も良く育っているようでした。


来年が楽しみだなぁ。




フライ旅さん あまり釣れませんでしたが、楽しい一日でした。

ありがとうございました。





今シーズン もしかすると もう一度 川を歩けるかもしれません。



もしかするとね。




ではでは。









テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/27(火) 12:13:31|
  2. 2011年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋田遠征 最終日

目が覚めると小雨が降っていた。



入ろうとしていた渓は天気が良くないとあまり良かったイメージがない。




むしろこれは本流のチャンスじゃないかと、急遽同行してくれたOBAさん と話し合ってトライすることに。





d1.jpg
【 遂に秋田美人ゲット~!! 】

入ってすぐに有望ポイント。



OBAさんが準備してる間に下流から丁寧にフライを流していくと、大きな沈み石の間からヌッ~っと姿を現しフライを見に来た。


フライを食べる事なく戻って行ったが、明らかに良型。




落ち着いてフライをチェンジし、一投目。


同じようにヌッ~っと現れしばしの観察後に、パクっと咥えた!!


このしばしの時間が長く感じられるったらない。

多分1秒か2秒だったんだろうけどさ。




グングン引いて グルグル回転して・・・








ネットイン!!


ボクにとって初めての秋田尺ヤマメ。




このロッドでどうしても釣りたかったんだ。






u.jpg
【 ロッドを育てたヤマメ 】




初の秋田尺ヤマメはちょっとキズのある美人。


どんな過去が彼女の身に・・・。






「 あぁ アユ釣りのハリが掛かったアトかもしれないっすね。」



とはロッド製作者の言葉。






なるほどねぇ。



でも、とにかく嬉しい。







z.jpg
【 フライはこんなの 】



写真撮影後に立ち位置へ戻ると、釣ったトコより流芯の際で、さっきの尺ヤマメより全然デカイヤツが背中を丸見えにしていきなり数回のライズ!!



他にも25㎝くらいのヤマメが数匹ライズした。




しかしこれがなかなかフライに反応しない。




フライチェンジして何度もトライするが無反応。。。




間違ったかのように小さいヤマメがヒットしてはくる。





OBAさんと二人で交代しながらあれこれ試すが惨敗でした。





これまた渋谷さんと後で話したのですが、フライが合ってなかったようですね。

言われたフライは秋田へ向かう前の数日間の中で、しっかりそのスチュエーションを想定していて巻き貯めたモノ。




どうしてその時思い浮かばなかったのだろう?

不思議でならない。

電話で話しながら、悩んでしまった。。。朝イチでこんなカンジならこれだろうってあれだけ想定していたのに。。。




いつかまた こんな絶好なチャンスに巡り合うことなんてあるのだろうか?



渋谷さんと出会って間もなくの頃、飲んだ席で言っていた言葉を思い出す。。。


「 魚との出会いは一期一会ですからね。 」



そう きっとそういうモノだろう。


そして それをきちんと ちょっとの判断でモノに出来るかどうかが 大きな差なんだろうね。





a1.jpg
【 雨の渓へ 】


本流を一区間? 釣り上がった後で、支流へ向かった。



しかし、まったくだった。




再び移動・・・本流へ。


b1.jpg


秋田での最後のトライ。



写真のサイズがいくつか遊んでくれただけだった。









y.jpg
【 秋田もう一つの伝説 】





OBAさんの同行者は尺モノに会える。

とりあえず2回連続してます。

来季へ継続ですね!!





今回の秋田遠征。


一日一匹ずつの尺モノ。




ボクにとっては最高の連休になりました。


情報をくれた皆様、案内そして有望ポイントを譲ってくれたHIDEさん・OBAさん 本当にありがとうございました。





来年は盛期に訪れたいと思ってます。




きっと大丈夫ですよね 来年は。






テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/22(木) 23:20:35|
  2. 2011年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

cobakoba

Author:cobakoba
福島県浜通りに居住。
フライフィッシングを生活の中心に置き、日々過ごしてきましたが、2007年サンデーアングラーへの道を歩むコトとなりました。
どなたか何処かいいトコ案内してくれませんか?

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。