cobakoba日記

2007年、サンデーアングラーへ転身した釣りバカのフライフィシング日記。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

定義・・・。

本日は仕事。。。



明日、本格的アブ発生時期前に、一度小さなイワナの渓を数年ぶりに歩こうかと思っていたのですが、

昨夜、チビ様がこう言い放った。



「 森へ行きたい。」





以前から‘山’と‘森’の違いが分からず混乱してるようだった。



家の裏山を窓から眺めては


「森だね~。」



車の窓越しに林を眺めては


「森だね~。」


その度に、それは森じゃなくて山(林)だよ と教えていたのですが・・・。





ついに、「だったら森を見せろよっ!!」って心境に至ったのでしょう。





で、ここにきて悩んでます。




‘山’と‘森’の境目・定義ってどんなん?





誰かわかります?





とりあず、明日は裏磐梯の‘森’へ連れて行ってくる予定です。




釣りサオは携帯不可ですよね 当然…。







ちなみにチビ様の‘森’への興味は機関車トーマスの中の台詞のやり取りらしいです。




DVDのパッケージの裏にでも注訳くらい載せてくれ。




スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/07/31(土) 09:29:08|
  2. 2010年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋田2泊3日の旅 第2部

湯沢のショットバーで、N先生と飲んで、車の中でグッスリと寝た。


4時半位に目が覚めると自分でもラム酒臭いのが分かった(笑)



で、目的の渓の入り口まで移動。



も、前日の豪雨はボクらの想像と期待などあざけ笑うかのように、轟々とカフェオレ色の水を流させていた。



ナニこれ 上流にコーヒー工場でもあった?

それとも、ジョニー・ディップでもいてチョコレート流してるん?




車止めまで行く途中に架かっていた橋から、その水量と色が目に入ってきた時は、車を運転しながら大笑いしてしまった。



待ち合わせ場所でsomebinさんと合流。


もちろん相談するのは移動先。

この渓で釣りが出来るかどうか悩むレベルじゃあない。



とうとう秘密兵器の自転車は出番がなかった・・・。








一路 田沢湖周辺まで。



11_20100719221610.jpg


somebinさんの運転で移動した先は、こんな綺麗な魚が棲む渓、ボクは2度目となる。





8_20100719221615.jpg

水量はやや多め。


ヤマメ狙いとしては絶好の条件に見えた。




そこでっ~~。





9_20100719221614.jpg

カナヘビ


獣か鳥かに襲われてシッポを切り離して再生中のようだった。


ところで、ボクの住む地域での呼び名は、‘ カナチョロ ’。


絶対、カナチョロの響きの方がカワイイよ。




同様に一番ポピュラーな猛禽類 トビ。


絶対 ‘ トンビ ’だって。



ここで提案。




  カナヘビ → カナチョロ

  トビ   → トンビ



に正式名称を変更しようよ。






マズイ・・・路線がズレてる。




しかも、このパターンは前回使った。


だから、理由もバレバレだ・・・・・。




なので、一応。




10_20100719221613.jpg


綺麗な26センチ。 



これの前に尺を優に超えるヤマメをヤラかしてるんです 実は。




N先生が9寸ヤマメを大きな巻きのポイントから綺麗に引き出したアトに、

次はボクの番と、ことごとく良いポイントを譲っていただき辿り着いた、とある淵。



大きな魚体でライズしていたんです。


さすがのボクでも、この魚は釣れちゃうよなぁ などと思っていたのですが・・・。


 すっぽ抜け


またまた秋田美人にフラれた・・・(涙)





失恋の腹いせに


13_20100719221715.jpg

ゲロゲロ


こんなのがいっぱいいる。



もう一匹見つけた尺ヤマメの上を平気で泳いでいくヤツなんかもいる。

そのもう一匹の尺ヤマメは順番にトライして、最後はボクのフライを見にきて帰っていった。




14.jpg


お前らにゃ 釣れねぇよ  とか思ってそう。




12_20100719221609.jpg

本来、イワナの多い渓らしいのだが、今回は少なかった。






15.jpg

今回の帰り道。


やっぱり楽しい。




この日も温泉に浸かり、湯沢の居酒屋からショットバー、そしての車の中で就寝コースだった。






最終日。

16.jpg

ボクにとっては初めてのコース。


渓まで歩く。


これもまたまた楽しい。





18.jpg

渇水ぎみ。


でも、こんな渓で尺まで狙える。





17.jpg

が、この日は姿を見ることもなかった。




この日、この渓の状況は良くはないのをおそらくは知っていて、ボクが一度も入ったことがないってだけの理由で

案内して下さったお二人にはとても感謝です。






いつもの峠のウドン屋さんでお昼を食べ、お土産にウドンをいくつか買って帰路につきました。


ここの稲庭ウドンは日本一ウマイ!!  と思う。

いや、他の店で食べたことはナイのですが。。。


冷やしタヌキにハマッタ。






相変わらず秋田美人には縁がございませんが、これもまた相変わらず笑ってばかりの楽しい3日間でした。



ちょっと無理に釣りに出掛けさせて頂いたので、結果を出したいトコでもありましたが、

尺ヤマメにはまだまだ授業料が掛かりそうです。





秋田でご一緒させていただいた皆様


 本当にありがとうございました





テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/07/23(金) 19:02:13|
  2. 2010年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋田2泊3日の旅  第1部

まずは無事に旅に出ることが出来たコトを報告します。


チビ様は高熱を出していたのですが、


「 釣りには出掛けろ。」


と言ってもらい(言われた?)、土曜の早朝5時過ぎに家を出発しました。


釣りに一ヶ月も行かないボクがよっぽど不気味だったのだろうか。






3時間ちょっとで現地に着くかな と思っていたのだが、

3連休なのがボクだけではなく、世の中3連休なのだという事に気付いたのは高速道路に乗ってからの事だった。



あ その前に、今回も獣系との遭遇はなんかしらあるんだろうなぁ と思っていたのですが。


今まで出合ったコトのないメジャーな野生動物がいるんです。



それは、  イノシシ



遂にやりましたよ!!


さすが秋田遠征。


出会いましたイノシシ。


場所は、自宅から車で5分のトコで。



しかも 4頭



どんなトコに住んでんだ オレ。




ま そんなコトもあり


普段より時間を掛けてたどり着いた秋田の渓で待ってくれていたのが、下の写真のお二人。


4_20100719221520.jpg

Kawatsura Rodの渋谷さんと同級生のHIDEさん


この辺りの渓としては、ちょっと早い時間からの入渓だったので、反応の良くないスタートだったが、


1_20100719221528.jpg

こんなのを見つけた。


多分、モリアオガエル。  だと思う。


写真じゃサイズは分からないが、7センチ前後はある。

結構デカイ。



でも、ボクの記憶しているモリアオガエルはもう少し茶色のマダラが入って、肌ツヤもこんなに綺麗じゃないんだよなぁ。

違う種類なのだろうか?


オーストラリアの北部にも同じくらいの大きさで、もっと濃いグリーンの綺麗なカエルがいたなぁ。



・・・・・・マズイ 釣りブログなのにまた路線がズレてる。



2_20100719221522.jpg

ということで、とりあえずのイワナ。



3_20100719221521.jpg

マズイ・・・・・・またまたマズイ。

同じイワナの写真が2カットということは、あんまり釣れてないコトがバレバレだ…。



このイワナの後、尺ヤマメとの対峙が。


もちろん魚は渋谷さんが見つけてくれたモノ。



しかし、今回のボクは違う。


ちゃんとその魚が見えるのだ。



このためにコンタクトレンズを手に入れ、そして偏光グラスも変えた。
( 支払いはまだだが・・・。)



で、そのアトはいつもと同じく、尺ヤマメはボクのフライを見に来ただけで帰って行った。


フロロの8Xティペットに♯19なんですが・・・どうしろと?





5_20100719221520.jpg

こんなビートル(?)がたくさん葉っぱにくっ付いていた。


こういうの食べてるのかな?




6_20100719221519.jpg

渓からあがって車へ戻る。


たったこれだけのことでも楽しい。



7_20100719221616.jpg

ヤマメを釣りにきたのに写真がないのも何なので。

こんなサイズは釣れた。



一匹、良型もキャッチしたのだが、ニコパチ撮ってもらおうと構えたら逃げていった。





夕方、今まで経験したことのない豪雨に見舞われた。

スコールなんてモンじゃない。

停電で信号機は止まるし、道は川となり、側溝の水は噴き上げる。



どうやら崖崩れがあって国道も緊急工事が入ったようだ。





そんな中、雨が止んだ湯沢の町に飲みにでた。

昨夜から寝ていないというyoshizoさんもほぼ無理やり参加。


そして、Bear's Guideケパフライ・Cast Upの方が分かる方多いかな?)の佐藤さんご一行と合流させていただいた。




またボクだけ反省会だ(笑)



そして、その日の豪雨までも釣りには良い条件になるだろうと楽観的な話で盛り上がった。




飲み会はいつものように楽しく時間が過ぎ、同席させて頂いたKさんにご馳走させてもらってしまった。


先に席を立って2軒目に向かう際にボク達の分まで会計を済ませてくれたそうだ。

なんてスマートな。




そんな楽しい夜を過ごし、翌日はいよいよボクの憧れの渓へ。




第2部へ続く。















テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/07/20(火) 19:53:43|
  2. 2010年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

遠征の準備

かなり久々の更新となりますね。




突然ですが、明日から遠征へ出ます。




しかも、日帰り弾丸ツアーではなく 2泊3日!!




あまりに釣りに行ってなかったので、釣り感が鈍ってるんじゃないかと心配です。




昨夜のうちにほとんどの遠征準備は済ませました。



今回は自転車も搭載! 



そして、遠征前には絶対欠かせない準備・・・




それは 爪切り



これ結構大事。



釣りする当日でも前日でもダメ。



ボクにとっては中3日がベスト。




中学時代の部活の経験からですが、指先の微妙な感覚って爪を切ってすぐだとある部分では調子良かったりするんですが、
いつも出来てたコトが微妙にズレるんですよね。



いつも同じにしとけば・・・って声も聞こえそうですが、それはまたちょっと違うんですよね。




中3日が調子いいんです。



あ これで日曜日釣れなかったら、言い分けが出来なくなるなぁ・・・。

マズイな これ。






土曜は秋田の渋谷さんとその友人達と釣り歩く予定。



日曜はsomebinさんN先生と今回のメインイベントの渓へ。

このために折りたたみ自転車も購入。  (リュックは予算の都合上購入を断念)










以上が 昼休みに書いた下書き。




昼休み終了間際・・・






チビ様 発熱の一報が・・・。


黄色信号が点灯。






うん?   待てよ  発熱って 今年初じゃ?





絶対 身体のどっかに発熱ボタンあるって。





ひさびさの 作戦決行 ですかぁ?







さて 続きは?





cobaは釣りに行けたのか?   看病の日々か?




次回 こうご期待!!













テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/07/16(金) 10:57:22|
  2. 2010年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

cobakoba

Author:cobakoba
福島県浜通りに居住。
フライフィッシングを生活の中心に置き、日々過ごしてきましたが、2007年サンデーアングラーへの道を歩むコトとなりました。
どなたか何処かいいトコ案内してくれませんか?

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。