cobakoba日記

2007年、サンデーアングラーへ転身した釣りバカのフライフィシング日記。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

終末の渓へ

9月26日(日)

早朝、暗い内から家を出て一日釣りをしてきました。



台風一過明けの小渓流には、予想をはるかに超える人数のエサ釣りのオジサマ達。。。

まだ暗い内から釣りをしていたようで、既にひと区間ずつ釣りを終えて次の区間割りをしているような5人グループなんざもいる。


明るくなった渓に降りると、藪にはすでに踏み跡が。。。

台風明けなのに、ブッシュにはきれいにトレイルが出来ている。



新種のミステリーサークルかと思いたかった。。。



数十メートル釣り上がる間に20cm程のヤマメが一匹と新子が数匹掛かっただけ。

序盤最初の良型ポイントを目指そうと仰ぐと、釣り下ってきたオッサンが。。。
すぐに小さなヤマメを釣り上げ魚籠へ。


そりゃあサカナなんて残らないわなぁ。



嫌になって渓を替えることに。




2_20100926204140.jpg

台風明けの里川。

空はすっかり秋。

ひんやりとした微風の中、人がいない分、余計に秋を感じた。


そして、人がいない分、サカナもいない(笑)



移動・・・・。



3_20100926204139.jpg


昼前から入った、いわき市内の高原里川にて。

このサイズを4匹ほど。


秋のヤマメはこんなサイズですら豊満ボディー。



4_20100926204139.jpg

2010年シーズンの終末を気持ち良くさせてくれる空。




5_20100926204138.jpg

たまにこんなのもフッキングさせてしまう。

ゴメンよ。



そして、また移動・・・。



6_20100926204138.jpg

移動先には先客が多く、空いてる最下流部から入った。


もちろん先行者の足跡はクッキリ。


やはりこんなサイズを4~5匹。



増水だからかイワナは釣れなかった。



7_20100926204201.jpg

こんな暗い渓。



更に移動・・・。




8_20100926204200.jpg


地元で春の里川といえばココでしょってトコ。


今シーズン、まったく相性が悪かったが、水量は多いもののニゴリは取れていたので入ってみた。


写真のサイズ位のヤマメは、数が分からなくなるほど釣れた。

多分、20ちょっとかな。

そこに新子も混じってフライに出るから、農繁期のように忙しい。


うっすら秋化粧しているのも多くみられた。


もう、今年も終わりだなぁ・・・今日は特記事項もなく終了かぁ。

と思った瞬間っ。




最後の最後、デップリ9寸超え(尺あったとは思うのですが)のヤマメが飛び出し、思わず早アワセ(汗



少し足場の高い場所から流していたのですが、ヤマメが大きい沈み石のアタマからスゴイ勢いで浮上してきたトコも見れたのが、仇になったようです。


リーダー・ティペットの結び目からアワセ切れ。。。


ティペットが付いたままです・・・ゴメンナサイ。


ちょっとブッシュのきつい区間だったので、リーダーシステムを短いのにしていたのですが、強くアワセすぎたようです。

最後まで何やってんだろ・・・。



今シーズンはこんなんばっかでしたねぇ。




反省。






来年の春、ハリとティペット外してあげるから、尺で逢おうね。








スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/09/26(日) 23:10:08|
  2. 2010年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

日帰り遠征  山形編 

0_20100919220706.jpg


9月18日(土)3連休の初日


日帰りで山形へ。



目的は、3年振り?くらいになる川。



前日までの降雨量と水位の変動を確認。

ちょっと降り過ぎた感はあるものの、水位の変動を見ていると、イイ感じに落ちていっていた。

このまま一晩雨が降らなければ、何とか釣りになるんじゃないかと想像した。



深夜、家を出発。


高速に乗ってしばらく走ると、‘雨 走行注意’の表示・・・。

実際、雨に打たれることなくドライブは続いたが、路面はさっきまで雨が降ってましたよ~っと言っている。




高速を降り、国道で県境の峠に入り、山間の尾根沿いの県道から渓までの路面にも、ず~~っと濡れた路面が続いていた。。。


4時半に渓に着くと、橋の上にある街頭に照らされた水面は白泡と共に、ゴ~~っと音を立てていた。

一晩降らなければ・・・という楽観的な計算は完全に狂ったワケだ。

まあ 降った時の計算としては間違ってもなかったってコトで。



1_20100919220705.jpg
‘ 明けた空とインレット ’



夜が明けきる前に上流へ移動。

何故か楽観的な想定しか出来ていないその日のボクは、増水ならここでしょ!! と大堰堤のインレットへ。


増水で遡上した大ヤマメ・大イワナが出ちゃうんじゃないの?






しかし、



しばらくぶりに訪れたその大堰堤は完全に埋まっていた・・・・。




オイオイ。




完成してまだ数年だよね? これ。


どうすんの??




2_20100919220705.jpg

ま とにかくもインレット?へ入ると、こんなサイズが2匹だけつれた。



その後、本命視していた区間へもどるも増水で、遡行が難しそうだ。


それでもエサ師が数人釣りをしていた。



ボクは10時半頃まで各ポイントを巡ってピンポイントでフライを流してみたが、反応はなかった。


出るのは浅い瀬から20cm弱のヤマメと20cm強の綺麗なウグイ。。。




その渓を諦めて、県境の川へ移動。

移動先の小渓流は、増水・笹ニゴリの状態。


しかし、釣り人おらず。




楽観的思考が終始していたボクは、チャンスとしか思えなかった(笑)




この状態じゃ釣れないから人がいない なんてコトは、 まぁ もちろん考えるけど、



それ以上にチャンスとしか・・・アホか?



3_20100919220704.jpg


で、いつもの入渓点にて。



4_20100919220704.jpg

秋化粧をうっすらとした

28cmをちょっと超える、いいヤマメです。




そのポイントのあるプールは、大体流れ込みの筋からみで2匹くらいのヤマメ。

奥の巻きでは、イワナが1・2匹。 が釣れたり反応があったりするのですが。。。


このヤマメ、流れのスジからみではなく、普段はイワナがでる巻きの深場からガバって感じで飛び出してきたんです。


釣れたのは嬉しいのだが、イヤ~な予感。


それって増水で避難してたんじゃないかな? って。


ってコトは、まだ避難中の良型が食事態勢にはいっている可能性って高くないんじゃ・・・。






そんな悲観的な思考が働いてしまったアトは・・・





5_20100919220703.jpg


どこをどう流そうと、出てもこのサイズ。

しかも、5~6匹程度。





そして、ジーンズにスニーカースタイルのルアーマン3人が上流の最終ポイントに登場!!






温泉で休憩して帰宅。






さて、今年も釣りに行けるのは、あと1・2回になってしまいましたね。


山形に再トライしたいトコなんですが、どうなる事やら。








釣りに関してはあまり条件は良くなかった日でしたが、夜間ドライブとしては楽しかったです。


雨上がりの山間部の国道をムササビが2匹も飛び、キツネは4頭も。


ホンドキツネってそんなにたくさん、しかもゆっくり見れたのって初めてです。

ムササビも何年ぶりだろう。



すごく得した気分です^^



テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/09/20(月) 23:55:34|
  2. 2010年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

秋田へ 

金曜日、有給を取って残務処理の為に秋田へ向かった。





1_20100912222331.jpg


9時には現場に。

車中泊の出張だと、車の中はいつも乱雑になってしまう。




2_20100912222331.jpg


現場は想像していたように、渇水。

状況は厳しそうだった。


ただ、晴天の空に見えた飛行機雲だけは綺麗に見えた。



3_20100912222330.jpg

この位のサイズのイワナは釣れるんだが、良型のヤマメの姿は見えない。


おかしいなぁ と思っていたら、先行者がすぐ前を歩いていたようだった。


最後はビショビショな足跡が現れてきたので、諦めて林道へ上がった。



4_20100912222330.jpg

その後、午前・午後と同じ渓の現場に二区間入った。


一区間目では、終盤に9寸ヤマメを3匹掛け、キャッチできたのは1匹。




目測28cm。
 

パーマークが濃く、ホントに綺麗なヤマメだった。。。



正直、嬉しくて嬉しくて・・・ベストから喜んでカメラを取り出す為、数秒目を逸らして目線をネットに戻したと時には、既にヤマメの姿はなかった・・・。


泣きたい気持ち。


夜、飲んでる席でその事を渋谷さんに話すと、幻だったんじゃないっすか? と言われた(笑)



遂にボクも脳内クン?



イワナは狙えば小さいけど普通に出てくるんだけどねぇ。



5_20100912222324.jpg

前回、3人で歩いた帰り道を今回は一人で歩く。



6_20100912222324.jpg

戻ると、愛車がドンマイと言っているようだった。



夜は、渋谷さん・hideさん・Oさんとで1時過ぎまで飲み続け、釣り談義。


もちろん二日酔い。( 天気が崩れるコトを想定してのね^^ )



hideさん、翌日の用件は無事に済ますことが出来たのでしょうか?




7_20100912222343.jpg

2日目、雨に降られたものの、何とか釣りをするコトが可能な時間帯もあり、キャッチできたイワナ。



短時間勝負だったので、ヤマメだけを狙ってポイントを回ったのですが、


最初に出会った一匹に弄ばれてるウチに、雨脚が強まり敢無く退脚するコトに。。。無念。


そのヤマメは前日も同じ所に定位していて、その時はソラックスを着水させた瞬間にダッシュで逃げていった。



2日連続の対峙となったのだが、小雨の中、少し警戒心が薄れていていたのか、時折ライズもする。

今回こそっ と、フライを何度もチェンジして流すが無視・・・。




昼食後はOさんと渓に入ったものの、途中で急に水が濁り・増水。

最後は崖をよじ登り、藪漕ぎして何とか脱出。



Oさん、ホントお疲れ様でした。





さて、残務処理どころか、残務を増やして来てしまいました。



課題はまだまだ多い。




テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/09/13(月) 00:35:26|
  2. 2010年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

残務処理

ご無沙汰です。



8月の猛暑。

そして、9月に入っても残暑と言う名の猛暑。。。



そんな中でも地元で数回は釣りに出掛けていました。




毎年のコトながら新子ヤマメ達と戯れるだけですがね。


ほぼ保育園状態の地元の川。




お前らのパパ・ママを呼べっ!! (心の声)




言葉の通じないヤマメはやはり保育園児以上にジャレてくる。




1_20100907215048.jpg


明け方の川で、陽が差し込むまでの時間の一時、風景の色調のグラデーションとその変化を楽しむだけの釣行。







さてさて




そんなコトをしてる間に、禁漁まで3週間になってしまいました。




今シーズンを振り返ってみる。 ( まだ早いが )




? 


??




あれ? 尺ってない。。。




いやいや尺はなくてもフィートなら。。。   ナイ。





これはマズイですね。



尺ヤマメ釣るの忘れてました。 



ので、 残務処理に週末から秋田へ向かいます。




いや この際、尺イワナでもいいんですがね。








テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/09/07(火) 00:15:01|
  2. 2010年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

cobakoba

Author:cobakoba
福島県浜通りに居住。
フライフィッシングを生活の中心に置き、日々過ごしてきましたが、2007年サンデーアングラーへの道を歩むコトとなりました。
どなたか何処かいいトコ案内してくれませんか?

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。