cobakoba日記

2007年、サンデーアングラーへ転身した釣りバカのフライフィシング日記。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年 終末の川

2011年9月29日


0_20110929211721.jpg

色々あった2011年のシーズンも振り返ればアッという間でしたね。


当初は川へ立てるのかすら不安でしたが。




1_20110929211720.jpg
【 念願の流れ 】

所用で休暇をとったこの日、午後から釣りへ出掛けさせてもらった。


今シーズン 行けば毎回増水で釣りにならなかった川。


まだ台風の影響の残るその流れは、増水ながらも釣りできるレベル。


それも引き際のタイミング。


入渓して10メートル位かな 川へ入る前から狙ってたポイントへフライを流そうとフォルスキャスト

それっ~~ってシュートしようとした際に背後の葦に一瞬フライが引っ掛かった。



が、そのまま狙ってたポイントの手前30センチくらいのトコにフライが落ち、ティッペトは狙った形とは全く違った状態で流の芯へ入ってしまった。



もちろんすぐにドラッグが掛かり、再トライするためにピックアップしようかなぁ と思ったところに

いつものごとく尺くらいのヤマメが・・・。



体を捻りながらフライを見に来て、フライを咥えることなくそのまま流の芯へ入って行った。




しばしボー然。






2_20110929211720.jpg
【 毎度のサイズ 】


その後は良型の反応はみられず、新子と写真のサイズが5匹程。





3_20110929211719.jpg
【 上流へ 】


上流へ移動するもまったく反応せず さらに移動。



山を二つくらい越えた。




5_20110929211720.jpg
【 今年最後のトライ 】


震災の道路復旧工事のために迂回させられて時間をロスしながらも最後の流れに立つことが出来た。



しばらく反応もなかったが、小さなメイフライのハッチが始まると小さなライズを発見。




新子かな? と思いながらも、最後だしキチンとフライチェンジなどして流してみた。



静かにフライを咥えたのは綺麗な豊満ヤマメだった。







6_20110929211720.jpg
【 今シーズン最後のヤマメ 】


もう少し反応あるかと思ったんですがねぇ。


虫は飛び始めたものの、魚っ気は感じられず・・・。





最後に大きな反転流を丁寧に流すと、フライを吸い込むように咥えたのは写真のヤマメ。


26センチしかないが、流れの本筋に入ってなかなかのファイトをしてくれた。





ネットに入った時は、その体色から一瞬イワナ?? とか考えもよぎったが、

もう終わりですよ~  と終末をボクに諭すかのように告げる色をしたヤマメでした。








2011年のシーズンもこれでおしまい。




震災に遭い、愛猫を失い、綺麗な空気と雨と森と川と海と・・・・すべてを失い


それでも釣りをしに出掛けました。


なんのためにだったろう?








来年は地元の川をもっと気楽に楽しみながら歩けるといいなぁ。










スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/30(金) 23:16:44|
  2. 2011年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋の渓へ

世の中じゃ 3連休2連荘のシルバーウィークだったようで。


ボクは土曜日が出勤だったもので遠征へ出るワケにもいかず、ただただ地元の川の水が引いてくれるのを願っていました。


9/25(日)今年はさっぱりイイ釣りできていない川へ。

本来は春先から通う大好きな川。



話しでは、良い釣りをされた方もいるようで・・・ボクはどうもタイミングが悪く、行くといつも増水。



で、

今回も完全に、完璧に増水・・・普段の2倍増量中!! というサービスの良さ(涙)




1_20110926221816.jpg
【 懐かしい流れの中へ 】

狙ってた区間はふっ飛ばして、上流部へ移動。


水はやはり普段の倍近くはあるが、なんとか釣りになりそう。



地元の渓でも好きで、昔 良く通っていた場所。



今回は フライ旅さん と初タンデム。



フライ旅さんも以前は良く入っていたようで、‘懐かしい’を二人で連発。



そして、二人でフライ旅さんの言葉を借りれば ‘でるのら~ず’を連発。



思っていた以上には反応があったんですがねぇ。





なんだろうなぁ・・・フライ??





今回のヒントはっ!!










2_20110926221816.jpg
【 サワガニ君 】


いやぁ~ たま~にソルトウォーターの記事で見るけどねぇ。

持ってないなぁ カニフライ。。。




まっ このパターンは前回もあまりウケが良くなかったので、このあたりで止めておきます。





でも、このサワガニ君 よ~く見ると足が数本ないんですよね。

野生に生きる(GOさん元気? HP再開してね)たくましさですね。

色々な困難の毎日でしょう。

台風の中でも生き残っただけありますね。





3_20110926221815.jpg
【 綺麗なイワナ 】

サワガニ君とお別れして、しばらく後にイワナが釣れた。


瀬脇から一度テレストリアルを見にきて戻っていったので、定位している姿を確認できたのが良かった。

フライをC.D.C.カディスに交換して数投目に カプっ て感じに出てくれた。


色の濃い、それでいて黒過ぎない なんとも綺麗なイワナでした。





ボクがまともにキャッチしたサカナはこれ一匹。


フライ旅さんは3匹くらい?(もっと?)はキャッチしてましたね。

腕の差ですね。




懐かしい渓は、記憶よりずっと綺麗な流れで、渓魚も良く育っているようでした。


来年が楽しみだなぁ。




フライ旅さん あまり釣れませんでしたが、楽しい一日でした。

ありがとうございました。





今シーズン もしかすると もう一度 川を歩けるかもしれません。



もしかするとね。




ではでは。









テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/27(火) 12:13:31|
  2. 2011年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋田遠征 最終日

目が覚めると小雨が降っていた。



入ろうとしていた渓は天気が良くないとあまり良かったイメージがない。




むしろこれは本流のチャンスじゃないかと、急遽同行してくれたOBAさん と話し合ってトライすることに。





d1.jpg
【 遂に秋田美人ゲット~!! 】

入ってすぐに有望ポイント。



OBAさんが準備してる間に下流から丁寧にフライを流していくと、大きな沈み石の間からヌッ~っと姿を現しフライを見に来た。


フライを食べる事なく戻って行ったが、明らかに良型。




落ち着いてフライをチェンジし、一投目。


同じようにヌッ~っと現れしばしの観察後に、パクっと咥えた!!


このしばしの時間が長く感じられるったらない。

多分1秒か2秒だったんだろうけどさ。




グングン引いて グルグル回転して・・・








ネットイン!!


ボクにとって初めての秋田尺ヤマメ。




このロッドでどうしても釣りたかったんだ。






u.jpg
【 ロッドを育てたヤマメ 】




初の秋田尺ヤマメはちょっとキズのある美人。


どんな過去が彼女の身に・・・。






「 あぁ アユ釣りのハリが掛かったアトかもしれないっすね。」



とはロッド製作者の言葉。






なるほどねぇ。



でも、とにかく嬉しい。







z.jpg
【 フライはこんなの 】



写真撮影後に立ち位置へ戻ると、釣ったトコより流芯の際で、さっきの尺ヤマメより全然デカイヤツが背中を丸見えにしていきなり数回のライズ!!



他にも25㎝くらいのヤマメが数匹ライズした。




しかしこれがなかなかフライに反応しない。




フライチェンジして何度もトライするが無反応。。。




間違ったかのように小さいヤマメがヒットしてはくる。





OBAさんと二人で交代しながらあれこれ試すが惨敗でした。





これまた渋谷さんと後で話したのですが、フライが合ってなかったようですね。

言われたフライは秋田へ向かう前の数日間の中で、しっかりそのスチュエーションを想定していて巻き貯めたモノ。




どうしてその時思い浮かばなかったのだろう?

不思議でならない。

電話で話しながら、悩んでしまった。。。朝イチでこんなカンジならこれだろうってあれだけ想定していたのに。。。




いつかまた こんな絶好なチャンスに巡り合うことなんてあるのだろうか?



渋谷さんと出会って間もなくの頃、飲んだ席で言っていた言葉を思い出す。。。


「 魚との出会いは一期一会ですからね。 」



そう きっとそういうモノだろう。


そして それをきちんと ちょっとの判断でモノに出来るかどうかが 大きな差なんだろうね。





a1.jpg
【 雨の渓へ 】


本流を一区間? 釣り上がった後で、支流へ向かった。



しかし、まったくだった。




再び移動・・・本流へ。


b1.jpg


秋田での最後のトライ。



写真のサイズがいくつか遊んでくれただけだった。









y.jpg
【 秋田もう一つの伝説 】





OBAさんの同行者は尺モノに会える。

とりあえず2回連続してます。

来季へ継続ですね!!





今回の秋田遠征。


一日一匹ずつの尺モノ。




ボクにとっては最高の連休になりました。


情報をくれた皆様、案内そして有望ポイントを譲ってくれたHIDEさん・OBAさん 本当にありがとうございました。





来年は盛期に訪れたいと思ってます。




きっと大丈夫ですよね 来年は。






テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/22(木) 23:20:35|
  2. 2011年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

秋田2日目

秋田遠征2日目(9/18)



q.jpg

【 イワナの川へ再び 】





g.jpg
【 健康な山と青空 】

この日、広い地域で雨の予報。


秋田県内でもこの地域だけが雲の切れ間に入っていた。



この辺りの晴れた気持ちの良い日の景色は素晴らしい。




h.jpg
【 藪へ入る 】


狙ってた区間へは既に先客が。


で、下流へ下ってはいる事にしたのだが、いきなりココ歩くんですか?

絶対一人じゃ入っていかないよ・・・ミッシング決定ですから。




あ この日は HIDEさん に加えて OBAさん も参戦してくれた。


ところが、川へ降りてしばらくすると上流からエサ釣りのオジサマ3人組が下ってきた・・・。



i.jpg
【 渓へ逃げる 】


もちろん魚の反応がないので移動。  ( HIDEさんは釣ってましたが )


入った渓でも何故か反応が良くない。








どうしてだろう?



先行者?  フライか??






ヒントは  これだ!!







k.jpg
【 フライは黙ってビートル 】


いやいや ナイしそんなの・・・。




冗談はさておき瀕死のカブトムシを救出し、近くのブナの木に乗せてあげた。


もちろん声を出して語り掛けましたよ はい。



「 わかってるよね? 助けてもらったんだよね? 恩返しするよな? 」







p.jpg
【 ご利益  31.5㎝ 】


秋田の甲虫は律儀なようで・・・皆さんも救出してあげて、恩着せがましく語り掛ければイイ事あるかも?











o.jpg
【 伝説は続く 】


HIDEさんの同行者はデカイのを釣る伝説は未だ継続中。



ふぅ~(汗)



岩盤際の淵尻 バブルラインがゆったり流れ出る一番手前から25㎝位のをスレで引き出し(笑)


その後のキャストで、その50㎝上流の核心と思われるポイントへフライを入れると、ガバァっと大口開けて食ってきた。





ご利益というより、ホントはそのポイントを譲ってくれたHIDEさんに感謝です。








r.jpg
【 別の渓で 】

秋の渓では既にイワナ達は差してきていたようだ。





s.jpg
【 自然が創り出したオブジェ 】

急な斜面に生えた立派な木が何かの理由で二つに折れ、その先端部がアタマから落下し地面に突き刺さっている。







その後、夕方まで下流部で遊び、いくつかのイワナ達が相手してくれた。


HIDEさんはこの日、地元秋田の釣りの最終日を迎えていた。

にも関わらず、ことごとく良い場所を譲ってくれるホスピタリティ。



感謝です。





二日目の夜はOBAさんとまたしても飲み歩いた。


お勧めの店はとても美味しかったです。


また行きたいなぁ。






そして、秋田遠征最終日へ・・・。





その日は朝から雨。










テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/21(水) 23:32:06|
  2. 2011年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋田初日

~ 秋田にて ~




a.jpg
【 お出迎えしてくれたイワナ 】

今年も秋田へ釣りに出掛けることが出来た。



正直言って、少なくても今年はムリだろうと諦めていた。

色々な条件が重なって家族を福島に置いていく事なく、一人で秋田まで遠征する事が可能になった。




d.jpg

【 この川のリバーキーパーと 】

秋田の川で待っていてくれたのは HIDEさん

ボクにとって久々となるこの川だけど、この川の主が案内なら不安はない。


イワナの川だけど、大好きな川だ。

こんな開けた川でのイワナ釣り。 しかも大物狙い。







b.jpg
【 2011年 秋田初物 】

入ってすぐに出迎えてくれたのが尺イワナ(30.5cm)。





c.jpg


浮いてるイワナを見つけることが出来ずに、ブラインドで深い流れをピーパラを流すとゆっくり浮上してきた。

一投目はフライを見に来ただけだったが、二投目C.D.Cカディスにチェンジして流すと、

じ~~っとフライを観察してから 「 いただきますっ。」 ってカンジにガブリっ。



普段はあまり出ない流れだとアトでHIDEさんは言ってたけど、それがラッキーだったのかな?

2投目で釣れたって事は、そんなにスレてなかったってコトだろうしね。



「 この一匹で満足しないでくださいよ。」



とHIDEさんは言ってたけど、すぐアトでこれより全然いいサイズをバラシてしまった・・・。


ブラインドで瀬尻を流した時にゆっくり食ってきたんだけどなぁ・・・アワセがちょっと早かったような。




e.jpg

連休と言う事もあって他にも人が入っていて、核心部という区間はやる事ができなかったけど、

その後も写真サイズはそこそこ遊んでくれました。



下流部へ下りヤマメも狙いました。

良いサイズのヤマメがドラグのかかったカディスに出てしまい、イルカのようにジャンプして帰っていった。



HIDEさんは良い場所を譲ってくれていたので、サイズこそ尺は出ませんでしたが、9寸含んで結構な数を釣っていた。


サスガです。




今年、HIDEさんと釣り行く同行者は皆大物をキャッチしているらしい。

とりあえず尺が出たので伝説継続でよかったぁ・・・ふぅ~。





夜は湯沢の街でOBAさんも合流して飲み歩き。


初日の夜はやや飲みすぎました(笑)






テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/21(水) 12:57:15|
  2. 2011年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

備忘録

連休前の日曜日



1_20110920232143.jpg

狙った川は水が引きらずに移動した。




2_20110920232143.jpg


可愛いサイズの綺麗なヤマメが釣れてくれた。

ボクにしては珍しくエルクヘアカディス。


トリさんの影響(笑)




3_20110920232142.jpg


数は出なかったけど、綺麗な渓。



4_20110920232142.jpg

移動を何度かした川での一匹。


微妙に朱点が入ったヤマメ。 (写真だとあまり伝わらないね。。。)



サイズも数もイマイチだったけど、それでも写真のサイズがそこそこ遊んでくれました。


あ イワナも釣れたんだった。

写真を撮る前に逃げたが。



もう秋を感じさせる風が印象的でした。





5_20110920232142.jpg

もう少しでコイツも里へ下るのだろう。








さてさて連休へ・・・・。




テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/20(火) 23:43:57|
  2. 2011年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

cobakoba

Author:cobakoba
福島県浜通りに居住。
フライフィッシングを生活の中心に置き、日々過ごしてきましたが、2007年サンデーアングラーへの道を歩むコトとなりました。
どなたか何処かいいトコ案内してくれませんか?

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。