cobakoba日記

2007年、サンデーアングラーへ転身した釣りバカのフライフィシング日記。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月の締めに

あっという間の5月。


連休中は基本釣りはしないので、ホントに5月は毎年あっという間に過ぎ去るカンジがする。






1_201505302325382d3.jpg
【 いつも川へ向かう背には期待感が 】

そして、今年の5月ラストは トリさんと朝から晩まで遊んできました。


5月にしては少し暑すぎる日差しも、川へ向かう時には気持ち良いものです。





2_20150530232541e23.jpg
【 本日一匹目 】

入渓後、程なくして釣れたヤマメ。

期待通りに綺麗な魚体です。


しかしながら、この後が続かない。

フライには出るが乗らなかったり・・・バラしたり。


なかなかの苦戦。



ちなみに朝からフライはテレストリアルのみでの釣り上がりです。




3_20150530232541c7d.jpg
【ムネアカオオアリの女王?】

足元をみると上の写真のアリがいました。


見つけた時は、その大きさに地蜂かと思って観察していたのですが・・・

なかなか飛び立てずにバタバタしていたので、よ~く見てみると 何と羽アリ!!


胸部が赤いのでムネアカだとは思うのですが、あまりの大きさに驚きです。

わざわざトリさんを呼び寄せて見せてしまう位(笑)




4_20150530232542348.jpg
【 初夏の水温だね 】

陸生昆虫の活動が活発なのも頷ける、朝9時過ぎでの水温。


釣り上がりの楽しい季節の到来ですねっ。



その後、活性も上がってきて場所によってはサイトの釣りも成立する。



5_201505302325445d9.jpg
【 渓流ヤマメ 】


釣れれば綺麗な渓魚ばかり。



6_201505302326100e4.jpg

イワナも二人で数匹づつ。


午後イチ位でちょっと川を移動してみたりした。




7_20150530232612bfd.jpg
【 日差しを遮る峪 】


下界じゃ暑いであろうこの日も、渓を歩くボク達には心地よい気温と風具合。



反応の良い時間も、そうじゃない時間も ホントに気持ちよく釣りができる幸せ。



サカナの反応も時間が過ぎるにつれ上がっていった。



8_20150530232613863.jpg

なかなかのサイズのイワナが数匹混じり、楽しませてくれた。


トリさんには尺イワナも出ていました。




9_20150530232614c8d.jpg

このイワナはサイズのわりに良く引いてくれました。


せっかく反応が良くなってきてポンポンと釣れるようになった頃、退渓点に・・・。



ここの退渓には少し苦労させられるけど、釣れた後だからそれも楽しく感じられた。


林道を歩き車に戻る時も充実感が。



いつもならここで帰路につくのですが、ここ最近の流れで、そのままイブニングへ突入(笑)


なんとイブニング3週連続です。



でも、今回は本流へ。







10_20150530232616efd.jpg
【明るい時間に一匹目】

モンカゲのスピナーを想定しつつライズを待っていたのですが、ほとんどスピナーは見られませんでした。


ライズしていたのはパラパラと出るモンカゲのダンやクリップルへのもののようでした。


サイズは24~26センチがほとんどでしたが、そこは本流ヤマメ。



11_20150530232734cb6.jpg


デップリボディで引きはギンギンです(笑)


フライは9番のモンカゲを模したパラシュートでしたが、バッチリだったんじゃないかと自分では思っています。

短時間で10匹は超えたデップリさんと遊んでもらいました。





これまでのイブニングよりもちょっと長めに釣りをしていたんですが、



そのお蔭か




最後の一匹は・・・・・







13_201505302327351bb.jpg
【イブヤマメ】


尺ヤマメ!!


イブニングなのでオマケですがね。





そろそろ釣りを止めようかと思っていると、今までとは違う  モコッ  モコッ  というライズが流芯に。


ライズかどうかも怪しいなと思いながらもフライを流すと一発でフライを吸い込んでくれました。


後掛けた後、初めはそんなに大きくないカンジがしたのですが、途中からグングン引っ張りまくってビックリです。



やっぱりイブニングは釣れますね~。

これもタイミングなんでしょうけどね。




この調子で6月も楽しめればいいなぁ。





トリさん  朝から晩まで一日中お付き合い ありがとうございました~。



スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/05/30(土) 23:58:52|
  2. 2015年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イブに・・・イブ

いつの間にやら5月も終盤に入ろうかとしているのね・・・。


前回アップした記事以降も細々と釣行は重ねてはいたのですが、大した釣果も得れずにいたので、

また次回に・・・などと思っていたのだけれどもね。


まあ 今回もそんなに自慢できるような釣果ではないのだけれども・・・・と言い訳を先に記しておいて(笑)




5月23日(土)  久々に朝からイブニングまで たっぷりと渓を歩いてきました。


鮫川水系支流 朝9時前には釣り上がり開始。

1_20150524160328e14.jpg
【 盛期に入ったヤマメ 】

道路から見下ろしただけでは分からなかったのだけれど、

川の中に入ってみると小さな虫が結構飛び交っているのに気づく。




それにつられて、入渓前にティペット結んでおいたテレストリアルからカディスにフライチェンジして挑んでみた・・・。



我ながら ナイス判断!! じゃないの?  




と思ったんだけれどねぇ




まったく反応ないし、浮いてるCDCカディスがどうも違和感ある。(理由はワカランが)



再度、テレストリアルにチェンジしてみたら数投で結果が出た。






で、出た答えが これっ!!






2_201505241603298e1.jpg
【 小さなニンフ・・・ 】

え~~ っと ここまでの 一連の経緯につきまして・・・・なんの意味もなかったワケで・・・・(笑)



まあ 強いて言えば、



疑心暗鬼に陥る前に とっととフライでもチェンジして 気分一新 丁寧に流せば イイことあるかもね


ってトコだろうか。



で、その後は 


3_2015052416033423e.jpg


決して好反応!!  とは言い難い状況ではあったものの、集中が途切れない程度には反応してくれる。




4_20150524160332955.jpg
【 プリプリヤマメ 】


出れば解禁当初と比べると比較にならない位のコンディションのヤマメ。


テレストリアル系のフライをがっぷりと咥えてくれる。




5_201505241604450a0.jpg

このヤマメは写真右上のブッシュ際の流れから出てきた。

写真ではそれ程には感じられないけれども、実際は豊満ボディでした。



何を捕食しているのだろうとストマックを採ろうとすると・・・




なんとっ!!







6_20150524160446a88.jpg
【 ミノー?? 】


口元から丸呑みにしたベイトがっ。



ウグイだろうか?



何にしろ、このベイトを捕食した後に、それに比べたら小さなフライに食いつくなんて


なんて食いしん坊なヤツなんだろう。



なんかベイトを半端にもどしそうになったせいか、元気がなくなってしまった このヤマメ。


手を添えたまま水流でベイトを押し込んであげる感じで前後に揺らしてあげると、

すっかり再度ベイトを飲み込んで無事元気に流れに帰っていきました。



ふ~~~  一安心。





7 ~ 8匹のヤマメをキャッチして 川を移動することに。


山を一気に越えて夏井川水系へ向かった。



国道脇の駐車スペースで仮眠をとり、イブニング前に川へ入った。



実は先週の日曜の夕方、なんとか釣りに出れる時間が出来たので、珍しくイブニングをやってみた。

すると、思ってもいなかった程の高活性。


短時間に尺イワナ(32㎝)をアタマにイワナ3匹・ヤマメが13~14匹程釣れた。

ヤマメは23~24㎝位だったけれど、どれもデップリとした良いサカナだった。



それに味をしめての再トライ。




7_201505241604485c2.jpg
【 スプラッシュライズの主 】

入って最初のポイントでいきなりのライズ。

あっさり釣れて、これまた一安心。



ここまではテレストリアル系のフライで。



この一匹を釣った後から大き目の水生昆虫が目立つようになり、ライズも雰囲気が変わってきたようなので、


モンカゲを模したパラシュートに変更。




すると  静かにフライを咥えてくれるサカナが増えてきた。




8_20150524160448a96.jpg

先週程ではないけれども、ハッチもライズも多く楽しいひと時を過ごせた。




9_20150524160450cd2.jpg

上の写真のイワナは、本当にゆっくりとフライを吸い込んだ。


減水している区間でもこれだけのサカナをストックしてはいるんですねぇ。


昼間は岩陰で寝てるのだろうか??






10_201505241605148b2.jpg
【 最後の一匹 】


この日もイワナが3匹。


上の写真のイワナが本日一番のサイズで、最後の一匹となった。


同じ流れの筋に2匹のサカナがライズしていて、まずはカタについていたサカナを釣ると22㎝位のイワナだった。


で、その上流部にフライを入れると出てくれたのがこの最後のイワナ。



そんなにイワナの濃い区間でもないはずなのにね。



やばいなぁ・・・イブニング楽しくなってきちゃったよ。




そんな 20代最後の日を過ごしました。





あ 嘘ですよ。   



遂に日曜に四捨五入でギリギリ40歳と言える年齢になってしまった。


人生未だ語らずも このペースで年齢重ねるとなると 納得の釣りが出来る技術を身に付けるには22世紀になりそうだなぁ(笑)









テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/05/25(月) 23:32:37|
  2. 2015年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

cobakoba

Author:cobakoba
福島県浜通りに居住。
フライフィッシングを生活の中心に置き、日々過ごしてきましたが、2007年サンデーアングラーへの道を歩むコトとなりました。
どなたか何処かいいトコ案内してくれませんか?

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。