cobakoba日記

2007年、サンデーアングラーへ転身した釣りバカのフライフィシング日記。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お知らせ


このブログ・・・ スマホから読みづらいとの問い合わせ(?) がありました。




すみません。



スマホで見るという想定をしていない時から書いていたもので、まったく気にもしていませんでした。





が  





これからも気にしません(笑)






何か設定とかあるのかな?

良くワカラン。



自分でスマホで読んだことないしねぇ。

どんなカンジなんだろ?  これも読みづらいのかな??


まぁ なるべくPCで見てください。



ではでは。







スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/13(月) 22:41:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夏井川の尺ヤマメ

秋田の渓でイワナ釣りを堪能させてもらった後では、いささかの脱力感を感じざるを得ない地元での釣り。

毎年、今時期になると いわき市内では釣り場に困ってしまうのが現状。

聞いた話では、今年の(も?)夏井川では良い釣りは望めないようだ。

現にボクも未だに夏井ヤマメを釣り上げる事が出来ていない。

とは言いつつも川でロッドを振らないと、どうも生きた心地のしない どジャンキーなボク・・・。

さすがに毎週々々遠征に出るのは、家庭を持つ一社会人としていかがなものか・・・。


そんな様々な脳内葛藤とひとしきり平日の5日間戯れながら過ごし、少し惰性感を漂わせながらも

地元いわき市内の川へ向かう週末。


やっぱり 年券購入している夏井川で釣れていないってのも マジでいかがなものかと・・・。





1_20160606103243eae.jpg
【 昔好きだった区間 】

5月28日(土) 朝、ゆっくりと川へ。


どうせ釣り人もいないだろとタカをくくって出掛けたものの、予想に反して狙っていた区間の第三候補までもが先行者アリ。

ルアーマンと挨拶がてら釣果を聞くも、手のひらサイズが数匹だけだと言う。


「魚が居ないって雰囲気ですね。。。」

ルアーマンが言う。



まあ 前情報通りだから 落胆する事もなかったんだけどね。




入る場所がないのでいつの間にやら、市内の上流区間まで来てしまった。

以前は良く通ったポイント。


いい雰囲気なんだけどね。  

やっぱり釣れませんでした。

反応したのは小さいサイズが2度程。



しばらく時間が経ったので、元々入ろうと思っていた区間へ移動してみた。


やはり釣れていないのだろうか・・・釣り人の姿がない。




そこで問題なんだよねぇ。

何故かさ 釣れていない とか あんまり良くない とか聞くと

チャンス!!

とか思っちゃう思考回路が働くんよね ボク。


やはり 根っからの Mっ気体質なのか 稀代の楽観思考体質なのか・・・。



コンビニおにぎりでお昼を済ませて流れに入ってみた。

2_20160606103246c14.jpg
【 Mっ気を喜ばせる一匹 】


川は御多分に漏れず減水しているんだけどね、これボクのまったく個人的な感覚でしかないのだけれど、

夏井川の本流って 区間によってはこの位がフライフィッシング的にはベストなんじゃないかと思ってるんだよね。

今ぐらいの水量じゃないと、少なくともドライフライで反応させる事が出来るであろう水深や水の速さとかが

オーバーだと思われる所が多いような気がします。


特に、この日 釣り上がった区間では、これ以上の水量だと釣り上がって行くのが大変だし、

良いポイントも隠れてしまうように思うのですが、いかがでしょう?


それでも、ボク的にはオーバー気味だなと感じる時でさえも しっかりと釣果を得ておられる方々もいらっしゃるようなので

スゴイなぁ といつも感心してしまう。


で、この日の一匹は上の写真のヤマメ。

2~3匹 小さいの釣った後、股下位の水深の緩瀬から出た26センチ。



なんだかんだと書いた割には(笑)  この日釣れたまともなサイズはこれ一匹だけ。


なんだかなぁ と思われるでしょうが、この一匹が大事だったんです。



この一匹の印象が何故か強く、翌週もタイミングを計って出掛けてみたワケです。





6月4日(土)  午後3時近くから川へ入る。


3_20160606103247e72.jpg
【 水量 ボク的にベスト 】

天気は良く、気温も上がったものの、この所毎日のように強風。

台風が来る直前みたいな感じ。


少し風が弱まってきたように感じた2時過ぎに家を出て、川に着く頃には少し怪しい雲がかかり始めていた。

風が弱まった分、天候の変化は想定していたのだけれど、なんとか雨はギリギリ降らないんじゃないか?

って感じだった。



4_20160606103248196.jpg
【 これは想定外 】


水温を計ると これは高過ぎでしょ・・・。

あと2℃程は低いかと思っていたのにねぇ。



とにかく減水の川は流すべきポイントが多くなっている(ように感じる)ので、小さ目のテレストリアルで叩き上がる。


すると間もなく反応が・・・。


フッキングには至らなかったものの、前の週に釣ったヤマメと同サイズクラスはありそうだった。



このフッキングしなかったヤマメで、この後の釣りに期待感を持ち、集中する事ができた。



暫く反応のない川を丁寧に釣り上がる。


風は弱くはなったものの、時折強弱をつけ、さらには吹いてくる方向も巻いているカンジで、ちょっと面倒だった。


それでも短い時間の釣りの中、本流の釣りとしては良い間隔で反応してくれた。



5_20160606103249750.jpg
【 一匹目 25センチ 】

このヤマメは、早い流れの中でのちょっと緩くなった小さなポイントから、ゆっくり浮上してきてフライに喰いついてきた。

これで気分を良くして次の一匹に繋がる。





6_20160606103308d0d.jpg
【二匹目 26㎝】

流れのカタ 沈み石のアタマから やはりゆっくり浮上してくるのが見れた。

良いファイトをしてくれた。




ややこしい風に終始悩ませられながら、時折ラインがロッドに絡んだりしても、きちんとティペット部をチェック。


二度程 ティペットを念の為に交換した。


他人のふり見て ティペット直せ とは真にこのコトだ。






7_201606061033099d5.jpg
【三~五匹目 は同サイズ】

その後は上の写真のサイズを三匹追加。

写真の魚は、確か前の週に26センチを釣ったポイントから出たヤツだと思う。




その間、一度区間を釣り上がり、再度川へ入り直している。


一回目の釣り上がりで対岸側を攻めていない為だ。




対岸側のポイントから出たヤマメもその3~5匹目に含まれている。

他にもフライを嫌ったヤツも2匹位いたかな。




で、最後の大場所。



このブログで 何度か書いているが、ボクは大場所が得意ではない。


この日も大した期待を込めてフライを流したワケではない。


大場所の中でも核心部と思われる、流れ込みからのY字の緩い白泡が一つに合わさり暫しそのまま流れ

大きな沈み石のアタマで その泡が分散されるトコ。

上には木の枝が被り気味になっている。


四度その流れを流したけれど、反応がナイ。

でも、本当に自分が流したいレーンはその数センチ奥。

岩にぶつかった流れが一瞬止まり、枝の被った奥側に流れていくスジ。

自分のイメージとほんのちょっとだけ違う流れ方をするフライ。


う~ん  難しいぞ・・・。


五度目のトライ 上手く流すにはそのポイントの二メートル位上流の枝の間を通してフライを着水させないとダメな感じ。



それが・・・ 上手くいった。


で、イメージ通りに岩のアタマで一瞬フライが止まり、奥のスジに乗り10センチ程フライが流れた時に

ス~~ッと フライが消えた。


反射的に合わせを入れてテンションも十分に感じたのだけれど、イケないのがその後のファイト。


大岩の奥で掛けて ヤマメはその岩影でグルグルしてる。

上に枝があるのでロッドを持ち上げるワケにもいかず・・・・。






9_20160606103312b37.jpg
【 夏井ヤマメ 】


岩にティペットが擦れる感じが何ともイヤ。


でも、そこは何とか 誰かのおかげで小まめにチェックしていたティペットを信じて我慢々々。



その後は大岩の下流側へ走ったヤマメを強引に手前の流れに誘導し、ちょっと流れのきつい場所だってけれど

なんとかネットイン!!



実はこの一連のティペットの話ですが、ボク的には もうお一人 の影響が強く出た結果だったかと。

前回の秋田釣行から使うティペットを代えてみたのですが、これが功を奏したと感じています。

少し浮力が落ちるようにも感じますが、そこはメンテ次第でごまかせるかなと思っています。




10_201606061033137cb.jpg
【ジャスト30センチ】


サカナをキャッチして久々に大きな長い息を吐きました。



ボクのGショックは夕方の5時を示していた。  (もう10分も進んでいるが、直さない)



メジャーをあてるとジャスト30センチ。



これって・・・・・ 



これって 尺ヤマメと呼んでも良いのだろうか??




・・・・・・・ これが本当の泣尺だよね。





地元の川、夏井川でこんなに楽しく釣りできるなんてっ。




これで来年も年券を買わないワケにはいかなくなってしまった(笑)




これ オマケの写真です。
↓ 

11_20160606104302d82.jpg



ホントは今回のブログの一番上に貼ろうかと思っていたのだけれど、

何故かどうやっても写真が縦になっちゃうんだよね・・・。

何故だろう??


なんか前回から現れた現象で、前回は貼るの諦めたイワナの写真もあったのでした。





テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/06(月) 12:56:46|
  2. 2016年 釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

cobakoba

Author:cobakoba
福島県浜通りに居住。
フライフィッシングを生活の中心に置き、日々過ごしてきましたが、2007年サンデーアングラーへの道を歩むコトとなりました。
どなたか何処かいいトコ案内してくれませんか?

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。