cobakoba日記

2007年、サンデーアングラーへ転身した釣りバカのフライフィシング日記。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2017年 最後の秋田 ~2・3日目~

2017年9月2日(土)


秋田 二日目

このところ定宿となりつつある旅館の朝食を美味しくいただいた後、OBAさんにピックアップしてもらい渓へ向かう。


宿はとても過ごしやすく値段もリーズナブル。

紹介したいトコではありますが、近頃予約を取るのも難しくなりつつあるので自粛致します。


01_20170905141339fa2.jpg

助手席から遠く鳥海山を眺めながらのんびりドライブ。





02.jpg


OBAさんの案内で降り立った渓は、なかなかのダイナミック渓相。

この日はイワナ狙い。


以前から数が釣れると聞かされてはいたのだが、季節的に微妙かなぁ とは思っていた。




03.jpg


釣れてくるのはこのサイズがアベレージかな。



どうも水量が多く、イワナの食い気も良くない感じ。


初めて入る区間ではあったが、釣りをしていて何となく本調子ではない感じがする。



それでもノビノビとロッドを振って イワナ釣りが出来るのだから贅沢な話だ。




000_20170905173611373.jpg

今回も写真を頂いたので、自分の写真を。  (恥ずかしいので露出控えているんですがねぇ)


丁度 対岸側の緩いラインのカタから出たタイミグで撮ってくれていたようです。

もしかして40センチ程手前から一匹釣って、その後にその奥でもう一匹釣った時のかな??




こんな感じで増水している流れからイワナが出てくるんだから、釣れ方としては面白い。






04.jpg


この日、数釣りが出来ると聞かされていたので、正確に釣れた数をカウントしていたのだが、


あまり良くない状況下の中で、ボクだけでも18匹釣れた。


これで盛期の良いタイミングで入渓したら どんだけ釣れるのだろうか?


ちょっと区間が短いのが残念だが、入渓点から少し下って釣り上がったりしたら随分楽しめそう。




05.jpg

釣りが速い時間に終わってしまいったので、温泉へ寄って汗を流した。

ボクは初めての温泉だったが、湯船に入った瞬間からヌルヌル系透明温泉。

とても気持ち良く 釣りの疲れも吹き飛んだ。




そこで昼寝でもしてゆっくりしていれば良いものを、どうしてもロッドを振りたくなってしまう性・・・。



イブニング前、本流を攻めてみたが この日も大ヤマメとのコンタクトは得られず・・・。




夜はまたもや 町にくりだす。


美味しい居酒屋で いささか食べ過ぎたあとは、OBAさん行き付けのBarへ。



06.jpg

ボクも年に何度かは顔を出すので、マスターも覚えていてくれる。


ここで初めて頼んでみたモヒート。


何気に ボクの地元で飲むモヒートより美味しいぞ。

最近は何を作ってもらうにしろ アルコール薄めにしてもらうのがマイブーム。


もともとロックやストレートが好きなのだが、少しでも割るとなると何故か薄い方が美味しく感じる。


何故か量を飲んでいないのにも係わらず 丁度良い具合にほろ酔いになって宿へ戻り、

午前0時頃には就寝。





2017年9月3日(日)

秋田 3日目

この日はヤマメ狙い。



07.jpg


天気の良い中での渓歩きは本当に気持ちイイ。


ヤマメを求めて渓を彷徨い続けるが、なかなかチャンスは訪れない。


一匹、尺はあるであろうヤマメを見つけたが、一度フライを流すと消えていった。




08.jpg


ヤマメ狙いの中 釣れるのは イワナだけ。。。


前日はあれだけイワナを楽しんだのに、この日に限っては無念。。。





09.jpg


色々とポイントを廻ってはみましたが、とうとう最後までヤマメをキャッチする事は叶わなかった。


最後は上流からエサ師が渓を釣り下ってきて、ジ・エンド。



楽しい3日間だったから、最後の最後で悪態を吐くのはよそう・・・人それぞれ楽しみ方があるという事だろう。





10_20170905141444e4c.jpg

こんなトコにも秋の気配が。







また今回も色々な方々に世話になりっぱなしの三日間でした。


毎回ですが、本当に感謝!!







2017年最後の~ とか書いたけど、既に何とかして秋田へ向かうことを考えている事も最後に記しておこう。





にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/06(水) 03:26:12|
  2. 2017年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2017年 最後の秋田 ~初日~

2017年9月1日(金) 

今年最後の秋田遠征へ向かった。


誰かが何かの本だかコラムだかで書いていた・・それをやらないとストレスが溜まるようなモノは‘趣味’ではないと。


これは‘趣味’ではないのか?  ‘依存症’なの??




1_201709041721107e2.jpg

依存症なら依存症で一向に構わないのだが、何にせよ向かわねば と 会社を休ませてもらい 台風接近の中、逃げるように北上した。



明ける空の雲は既に秋模様。


終盤の雰囲気を盛り上げてくれる。。。




秋田に着くと待っていてくれたのは


2_20170904172113533.jpg

somebinさん。



もしこれを依存症と呼ぶのなら、かなりヘビーでディープなゾーンに陥っている御仁かと。


処方箋などない症状を持つ二人で、せめてリハビリだけでもしようと渓を歩いた。




秋田の空は晴天  湿度も低く心地良い渓歩きが出来た。

やはり秋を感じざるを得ない。




しかし、



3_201709041721145a8.jpg


綺麗な流れからsomebinさんのネットに収まったヤマメは未だ夏ヤマメの装い。


季節毎に美しさを纏うヤマメだけれども、ボクはやっぱり夏ヤマメのそれが一番好きだ。



夏の炎天下のクソ暑い中、渓を汗だくで歩き クモの巣と格闘しながら手にするヤマメの美しさは表現しようがない。



それが秋を感じる心地良い渓歩きの中で出会う事ができるのだから、なんとも清々しい気分になる。




4_201709041721157f9.jpg

二人で渓歩き などと書いたが、実際は案内してもらっているという表現が的を射ている。


そんな感じでいくつかのポイントを譲って頂き、やっとボクにも手にする事ができたヤマメ。


やはり夏の装いを未だ纏った綺麗な秋田美人。




渋い状況の中、なかなかのサイズをバラしたりと普段通りの(?)出来事もあったけど、

やはり秋田の渓を歩くのは格別だ。






夕方近く、本流へ入ってみるも・・・

5_20170904172116738.jpg


この位のサイズが数匹。




なかなか良型に巡り合う機会を得るのは難しい・・・。






夜・・・OBAさんも合流し、somebinさん行き付けの湯沢にある とある寿司屋さんで釣り談義。





6_20170904172134c78.jpg

なんと!!  我々が訪れる少し前にケパフライのSさんがお店に寄っていて、その日に釣った鮎を置いて行ったという。


かなり良いサイズの鮎。

ボクは鮎釣りは体験したことないのですが、このサイズが掛かった時の感触は最高だろうな と容易に想像出来ますねっ。





そして

7_2017090417213531d.jpg

おすそ分けと言って、大将が鮎の刺身を出してくれた。

写真 ガリの右にあるのが、その刺身。

生まれて初めて 鮎の刺身を頂きましたが、びっくりするほど美味しかった。

クセ・臭み一切なし、ほのかな甘みのある身は高級魚のレベル。



Sさん この場にてお礼申し上げます。 

とても美味しかったです。





美味しい日本酒と共に 美味しい刺身と握りを頂きながら、色々な話をさせて頂きました。




8_20170904172137b73.jpg


その中でも一番 印象に残っているのは、somebinさんの秋田ヤマメの肌艶の美しさを語るくだりかな(笑)



やっぱり 処方箋は出せないようでした。







にほんブログ村




テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/04(月) 23:27:11|
  2. 2017年釣行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

cobakoba

Author:cobakoba
福島県浜通りに居住。
フライフィッシングを生活の中心に置き、日々過ごしてきましたが、2007年サンデーアングラーへの道を歩むコトとなりました。
どなたか何処かいいトコ案内してくれませんか?

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。